あっ!

あっ!表紙

初めてプレゼントする乗り物の絵本にピッタリ!【乗り物ファーストBOOK】

☆3つのおすすめポイント

  1. 主人公の”乗り物”が大好き!があふれる絵本。
  2. 乗り物の名前を知るだけでなく、実際に乗り込み運転手になる気分を味わえます。
  3. 5色のみで人物・乗り物・背景を描き、シンプルなペンで手書きで立体感や奥行きを表現。

☆あらすじ

男の子がいます。とっても乗り物が好きな子のようです。

「あっ!」青い車を見つけました。「かっこいいなーのってみたいなー」ぼくが運転したらどんなだろう。楽しいなー「ぶっぶー!」クラクションもならしちゃおう!

「あっ!」車の中から次は電車を見つけました。白いボディーにコーラルピンクのラインがまっすぐ引かれた新幹線。「かっこいいなぁー」ぼくが運転したら「ごごごごごー!」とスピードあげて隣の町まで行っちゃうぞー!

「あっ!」新幹線の運転席から遠くの海に船を見つけました。

「ぼーぼー!」汽笛を鳴らして出発。大海原に出かけるぞー!

最後に船の操縦席から見えたのは飛行機。パイロットになって遠い国までひとっ飛び!

次は何が見えるかな。次は何を運転しようかな。

☆際立った特徴

乗り物大好き!が詰まった絵本です。乗り物の名前を知るだけではありません。その乗り物の運転手になれます。運転席から何が見えるのかな?と、想像の世界に引き込まれたら、もうあなたは本物の運転手!?

本書はなんと、5色のみで人物・乗り物・背景を描いています。顔なら肌色一色、車は青一色と、どれも混じりっけ無しの1色ですが、それでいて自己主張せず、5色がバランスを取っています。

乗り物のシルエットは輪郭なしで、窓枠やライトなどのパーツは細いペンで輪郭が描かれています。それによって立体感を出し、どれ程大きい船か、どれ程遠く高い所を飛んでいる飛行機なのかなど、単純な絵の中に奥行きを感じさせる描画になっています。

顔のパーツも手書きです。1mmでもずれたら表情は全く変わってしまうであろう顔のパーツの手描きにも、作者のこだわりを感じます。

そして、読み手の目に優しい色合いがうれしい。「見ていると読者の目がチカチカする・疲れる」なんてことがない気配りが感じられます。

小さな子が手にとって、あっちを見たり、こっちを見たりと、何度もページをめくって楽しめることでしょう。

☆書店員の感想

乗り物が大好きな子は、どこを歩いていても、好きな乗り物が自然と目に入るのか「あこにショベルカーがいるよ!」「見てみてー!!」と遠い彼方を指差して教えてくれる事があります。

「どこどこ?」よーく見てみると、ほんの豆粒程にしか見えないショベルカーが遠くに見える・・・「そんな遠い場所が、よく見えたねー」なんて関心してしまいます。

主人公の子もきっと乗り物が大好きなんでしょうね。車が見えたかと思えば、中の運転手まで見えて、自分と運転手を重ねて運転した気分を味わっているよう。

するとそこから見えたのは新幹線。超スピードで走る列車の運転手さんに、僕がなれたらいいなあ、なんて思っているのでしょうかね。

まさに『乗り物好きの子の発想力・想像力』を描いています。

乗り物好きな子は、窓枠が何個あって、色は何だった、走る音はどうだったなどなど、本当によく見ています。

新幹線や飛行機は、すぐに見えなくなってしまうので、観察出来る時間なんて少ないはずなのに、大人は気にしない細かな部分まで、しっかり耳に目に焼き付けているものです。

本書も、”目に耳に”やきつけている感じが出ています。乗り物好きは当たり前にしている事なんでしょうか。『乗り物愛』ですね。

あっ!裏表紙

よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・幼稚園教諭二種・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士・幼稚園教諭としての感想などご紹介出来たらと思っています。