あめあめ ぱらん

あめあめ ぱらん 表紙

☆梅雨時期にピッタリ!

☆3つのおすすめポイント

  1. 子どもの純粋さが、とても伝わります。
  2. 雨の日に、外にお散歩に行った気分になります。
  3. 言葉遊びを楽しめる絵本。

☆書店員のレビュー

子どもと雨のひとときを描いた絵本です。主人公の子が雨降りの中、黄色い傘と黄色の帽子、黄色のレインコートを着て、雨の散歩を楽しみます。

「あめあめぱらん」の題名のように、ザーザー雨というよりも、きっともうすぐ晴れるような、優しい雨なのかな?”あめぱらん”から言葉遊びを始めます。

ことば一つ一つが、とても可愛らしいです。

雨粒ひとつひとつが色鮮やかで、主人公の心を物語っているのでしょうね。

子どもの純粋に雨を楽しめる世界観が、子供らしくまた羨ましくも感じました。

きっと、雨の日のお散歩は、晴れている日には気づかない”良さ”があるのでしょうね。

子供の頃、レインコートを着て、長靴で一人で冒険したことを思い出します。

近くの公園でしたが、雨の日の楽しさがよみがえりました。

作中の、雨上がりの空からのプレゼント・・・とてもきれいです。

  • 作品名:あめあめ ぱらん
  • 文:木坂涼 絵:松成真理子
  • 出版社:のら書店
あめあめ ぱらん 裏表紙
よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士としての感想などご紹介出来たらと思っています。