うみの のりものえほん

うみの のりものえほん表紙

海好き、はたらくのりもの好きにピッタリ!

☆3つのおすすめポイント

  1. 海の乗り物が8つ登場する。素直にかっこいい!
  2. しかけ絵本で、変化を子どもと楽しむことができる。
  3. 空と海の青さがきれい!海に行きたくなる絵本!

☆書店員のレビュー

8つの海で働く乗り物を、しかけ絵本で紹介しています。

青い青い海をかっこよく進み仕事をする姿には、乗り物好きの子どもをきっと虜にしてしまうでしょう。乗り物に興味がなくても、大人でも、鮮やかな青い海に美しく描かれた乗り物を見ているだけで、海に行きたくなること間違いなし!だと思いました。

お恥ずかしながら、海で見たことはあるけど名前は知らなかった「こんてなせん」「はんせん」など、知ることができて私も勉強になりました。

しかけ絵本になっているので、絵の変化も楽しむことができます。

乳児期は色がはっきりしていると認識しやすいといいますが、まさしく、真っ青な海に浮かぶ乗り物達が、乳児さんでもパッと認識しやすいように出来ていると思いました。

  • 作品名:うみの のりものえほん
  • 著者名:いしかわこうじ
  • 出版社:童心社
うみの のりものえほん裏表紙
よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士としての感想などご紹介出来たらと思っています。