おおきい ちいさい

おおきい ちいさい 表紙

ファーストブックにピッタリです!

☆3つのおすすめポイント

  1. 読み聞かせの声のパターンを変えるだけで、ながーく遊べます。
  2. 厚紙の絵本で角も丸くておすすめです。
  3. はっきりした色彩で見やすい絵本です。

☆書店員のレビュー

大きいもの小さいものの差を表した絵本です。

いろいろな不思議な形を、鮮やかな色彩のイラストで描いています。

大きい、小さいと単純なお話ですが、ただ対比の絵が並んでいるだけではありません。

大きいものと、小さいものが、少しずつ変わっていく配置の仕方や、文章になっています。

声のトーンや、速さなどを変えてみる、読み聞かせのやり方によって、イメージがガラリと変わるのも面白いと思います♪

はっきりした色合いなので、小さいお子さんでも見やすく、ファーストブックにおすすめです。

厚紙の絵本で、絵本の端も先端部分が丸くなっていますので、多少乱雑に扱っても大丈夫。

購入後も長く楽しめる、魅力的な絵本です。

  • 作品名:おおきい ちいさい
  • 著者名:元永定正 レイアウト:中辻悦子
  • 出版社:福音館書店
おおきい ちいさい 裏表紙
やっち
  • やっち
  • ゆるいキャラクターが好きな店員です。大学では社会福祉を学びました。
    書店員としてお客様に良いアドバイスができるように、日々多くの絵本を読んでいます。
    子育て経験はありませんが、たくさんの絵本から、おすすめの絵本を選べるようにがんばります!