おばけばたけのおふろやさん

おばけばたけのおふろやさん 表表紙

怖がりのお子さんでも、大丈夫!夏・少しヒヤッとしたい時にピッタリ!おばけの野菜たちがピカピカに変身します。

☆3つのおすすめポイント

  1. 濃いクレヨンの混ざった不気味な色、大人でも恐怖を感じてしまう紫の夜空。そこに1本・・・また1本とやさいのおばけ達が現れます。
  2. おばけの行き先は大きなお風呂。体が温まり、ノビノビゆったり汚れを落とすと、なんと実は立派に実った野菜達でした。
  3. 朝になって、みんなを癒やしたお風呂が動き出し、帰っていきます。誰とどこに帰るのでしょうか。

☆あらすじ

空は紫と青が混ざったような気味の悪い夜の事。ある所に、にんじんの形をした黒いおばけが、どろん。次はさつまいものおばけ?次は玉ねぎのおばけ?ボワーンと浮かび出てきたのは、大きなひとつ目のトマトおばけのようです。

次から次へとおばけたちが、どこからともなく出てきました。

もぐらおばけ?がもぞり・・・

ニョロリと細長い形をしたおばけは何でしょう。

「ケーケッケッケッ!」と言っているかのような、大きな口裂けかぼちゃ。みんなの行き先は・・・

なんと、風呂の中。

どろどろどろん どっぶーん!どろんどろん ぽかぽか 

あれあれ?おばけたちの様子が変わってきました。黒かった体も少しずつ黒が剥がれてきました。表情もなんだか気持ちよさそうです。黒く見えていたのは泥だったようです。ふあ〜 ふあ〜 いい気持ち。

泥が流れて、なんともサッパリしたピカピカのかわいい顔で笑っています。野菜たちは、明日お店屋さんに並ぶそうです。夜が明ける前に野菜たちが帰っていきます。

その時です!突然おばけ畑のお風呂が揺れています。ぐらぐらぐら・・・地震?いえいえ違います。一体どうしたのでしょうか。

向こうの山から、朝日が登ってきました。

手をつないでお家に帰る親子の姿。どこで二人は登場してきたのか・・・それは、読んでのお楽しみ★

☆際立った特徴

ペンとクレヨンで描かれた絵本です。表紙を見ると、何処までが空なのか、畑なのか芝生なのか、何かの影のようでもあるような。登場キャラクターも白目のサツマイモ・一つ目トマト・口裂けかぼちゃ達もお風呂に浸かって笑っています。

異次元世界のような少し怖い雰囲気と、笑っている野菜のおばけたち。恐る恐るページを開き覗いてみると、野菜のおばけたちが、1本・・・また1本と登場です。

中の空の色も独特です。ピンクと水色のクレヨンが混ざっていて大人でも気味が悪く、恐怖を感じさせる紫色。そこに出てくる怖そうなおばけ達の怖さを、さらに引き立てているようです。

お風呂に入ると、おばけからピッカピカの野菜に変身!さっぱりした野菜もきれいになって嬉しそう。明日お店に並ぶ誇らしさまで感じる表情です。

みんなの体の汚れを落とさせてあげていたお風呂(浴槽)。みんなが帰った後に動き出しました。実は、1人前のお風呂となる為にお父さんと離れ1人で仕事をしていた”お風呂の子ども”だったという…衝撃的なクライマックス。

☆書店員の感想

今まで、とよたかずひこさんのたくさんの作品の中で、”怖さ”を感じたことが1度もなかったのですが、本書で初めて、表紙を見ただけで「怖そう。気味が悪い」と思ってしまいました。私の娘も「なんか怖い」と近づこうとしなかったのです。

しかし、勇気を出して1ページ目をめくって・・2ページ目をめくって・・・と読みすすめ、おばけ達がドボンと湯に浸かりました。だんだん、この先が心配になってきました。「この先どうなるんだろう。もっと怖いお話に展開するのかな」

そんな心配が、次のページであっさりと好転しました。野菜たちが笑って、ノビノビゆったりお風呂に浸かっているではありませんか。空だって地面だって明るく感じます。

ピンクと水色が混ざった、気味の悪さまで感じてしまった紫色の空も、野菜たちのキラキラな体と笑顔の上にあると、不思議な事に、星でもキラキラ輝いていそうな明るい夜空に見えてきます。

◎驚きの展開と、その先の親子愛

お風呂が実はお風呂の子どもで、場所も移動できる。まさかのお父さんお風呂も登場!というのには驚かされました。が、お父さんお風呂の子どもをいたわる様子には、人間だって動物だって、お風呂だって、みんな一緒なんだなと感じました。

親は子どもが心配で、愛おしくて、誰よりも応援している。頑張ったことは1番に褒めてやりたい。どの世界にも【親子の愛】が存在するのかもしれません。

『よく頑張ったね』とお父さんが、自分のお風呂に子を入れてねぎらい、サッパリしたからお家に帰ろうかと、お家に手をつないで帰っていく様子。

お風呂の子の「今日1人で出来たぞ。褒めてもらえて嬉しい!」と言わんばかりの誇らしげな表情を見たお父さんも、子どもの成長をにっこり笑って喜んでいるかのようです。

おばけばたけのおふろやさん 裏表紙

よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士としての感想などご紹介出来たらと思っています。