すいかのめいさんち

すいかのめいさんち 表紙

夏の暑い日にピッタリ!スイカが大好きな男の子の願望がいっぱい詰まった絵本★

☆3つのおすすめポイント

  1. 僕の住んでいる町は【すいかの名産地】スイカだらけのスイカの町は今日もワイワイと賑やかです。町中にスイカのグッズやお店がいっぱい!
  2. スイカが大好きな男の子。大きなスイカを買った帰りに、一人で丸ごと一個食べたくてどうやったら食べれるかと色々アイデアを出して考えます。
  3. 家族でスイカを分け合って食べたけど、やっぱり丸ごと一個食べる夢は諦められません!家中にスイカが出来たらいいな!そしたら丸ごと食べれるかな。なんて・・・考えているようですよ。

☆あらすじ

僕が住んでいるこの町は、【スイカの名産地】スイカを育てる農家がいっぱーいあります。”スイカとサクラ”のモニュメントが置かれた町は、スイカ愛が町の至るところに溢れています。スイカ商店、民宿西瓜、ホテルすいか、スイカツアーのバスに、スイカの浮き輪の並んだ海の家、町をグルリと見渡せば、スイカにまつわる名前のお店や乗り物、仕事、遊びがいっぱい。

今日も男の子は、美味しいスイカを買いに”下里ファームへやってきました。「好きなの選んでいいよ!」とお母さん。(僕が選んだでっかいの。スイカ1個が、僕のもの。

早く食べたい大きなスイカ。かぶりとまるかじりしたらどうなるかな。)頭の中はスイカでいっぱい♬「お母さん僕がスイカを持つよ!」と言ってはみたけど重くて重くて持てないや〜。お母さんやっぱり持つの、お願いします。

男の子は頭の中でスイカを今すぐ食べるにはどうしたらいいか考えます。「皮をクルクル剥けばそのまままるごと食べられるかな。それともストローを差し込んで中身をちゅーちゅーすっちゃおうか」もう、男の子の頭の中では、食べたい気持ちでいっぱい!

気持ちを抑えきれずニヤニヤしてたら『ひょっとして 一人で食べようと思ってない?』とお母さんに僕の気持ちがバレてしまった。一人が駄目なら2つに切って、スプーンですくって食べちゃおう。ニヤニヤ・・・

『わかってる?みんなで分けて食べるんだからね』念押しされてしまいました。

ここはスイカの名産地。美味しいスイカを冷やしたら、みんなでわけて「いただきまーす!!」縁側で並んでパクパクッ。種をプップッ!庭に吐き出します。

ちょっと待てよ、飛ばした種が目を出してグングン育って大きくなったら、家の周り中がスイカだらけ!!これはいい!

そうなれば、僕んちスイカの名産地。スイカはいつでも食べ放題。丸ごと全部がぼくのもの・・・だったらいいな★

☆際立った特徴

神奈川県三浦半島の町がモデルになっています。本書に出てくる男の子がスイカを購入した【下里ファーム】は実際にあるお店だそうです。

スイカが大好きな男の子、「食べてもいいなら1個丸ごと食べてみたい」それだけスイカがだーい好き♬表紙いっぱいに描かれたスイカ達が、男の子のスイカ愛を表現しているかのようです。町の人達もみんな陽気で楽しそうな表情をしています。この町に行ってみたくなります。

物語は、”スイカを持って家へ帰る”現実の自分と”僕が1人でスイカを食べるには”の妄想の世界の二部構成でストーリーが進みます。

頭の中で、一人でどうやったら1個のスイカを隅々まで食べれるか、色んなアイデアを出し、試してみます。僕は妄想を繰り広げながら「おいしいな!楽しな!」と弾む気持ちでいっぱいです。しかし、現実は重いスイカを持って帰るのにお母さんも男の子も妹も悪戦苦闘しています。時には転がってしまったり、配達業者にお願いすればよかったーなんて後悔していたり・・・。

そんな中、僕のニヤニヤした表情を見たお母さんはピンッときます。もしかして「一人で食べようと思ってない?」さすがお母さんビンゴです!男の子のスイカ愛が溢れ出ちゃって、ニヤニヤと妄想で笑っちゃう男の子、丸ごと1個食べたい!という男の子の願望が、ユーモアにあふれていて、子供らしくて可愛いです。

きっと男の子につられて、スイカが食べたくなりますよ。

☆書店員の感想

現実の世界と妄想の世界が同時進行で描かれている絵本。自分も割と妄想を広げることが多くて、何か行動しながら、もしこうなったらどうかな?と考えてしまいます。妄想の世界は自由です。どんな無理なことも妄想でなら叶えられます。

本書の男の子の”スイカを1個丸ごと食べたい!”という願望が、想像力豊かに可愛く描かれています。

スイカの名産地の町で育つ男の子。最初のページに町全体が描かれています。

【スイカの名産地】ってすごい!とビックリしました。町中にスイカや、スイカのデザインの物など、この町は【スイカパラダイス】と言ってもいいぐらいにスイカで溢れています。

実はこのページで、男の子が本書で通るルートを知ることが出来ます。右上のスイカ畑の中に、男の子がスイカを買う”下里ファーム”があります。帰り道で通るスイカ商店の前の自動販売機、スイカ一丁そば屋、男の子の家、全て描かれています。

本書を読んだ後に最初の1ページ目に戻って見返せば、また違った目線で楽しむことが出来ます。

よく見てみると、スイカにまつわるグッズや洋服、お店が多いので、どこまでもスイカ!!と驚くことでしょう。私のお気に入りはお母さんが履いているスイカのデザインのサンダルとエプロンです!海にも近い場所なので魚やカニなどと一緒に描かれたタクシーも可愛いですよ♬時々カラスがイタズラをしているのもクスッと笑えます。どこに描かれているでしょうか。ぜひ探してみてくださいね!

ツイッターで絵本プレゼント実施中

よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。

    保育士・幼稚園教諭二種・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士・幼稚園教諭免許を持つ書店員としてのアドバイスなどをご紹介出来たらと思っています。