めろんさんがね・・

ユーチューブ動画で保育士書店員が詳しく解説しています

おいしいともだちシリーズの絵本!可愛いメロンさんがころころ転がって、最後には美味しい『アレ』に大変身!子どもたちに人気のメロン、小さいお子さんからピッタリの絵本です。

☆3つのおすすめポイント

  1. 可愛いメロンさんが、フルーツ屋さんから飛び出していきました!ごろごろと転がって…!ドキドキする展開や、ホッと安心する展開などいろんな場面が楽しめます。
  2. 文章もリズミカルで、ごろごろ転がり元気いっぱいなメロンさんにぴったり!語りかけるような口調の文章も親近感が湧き、よりお話の中に入っていくことができます。
  3. 絵が可愛らしくて、さらに最後にはおいしそう!子どもが喜ぶ絵の描写で、何度も読み返したくなる絵本です。

☆あらすじ

めろんさんが、大きなあくびをしました。

フルーツ屋さんにいたのですが、ここにずっといるのにも飽きてしまったようす。お外に行きたいな、と話すと、降りるのを一緒に並んでいたフルーツのお友達が手伝ってくれました。

よいしょ、と降りたあと、みんなにバイバイしてお別れをしました。

するとそこへねこがやってきました。メロンを前足でごろごろ転がしながら歩いていきます。さらに犬もやってきて、くんくんにおいをかぎながらごろごろ転がしました。

めろん ごろん めろん ごろん…

ちょっと下り坂になった、その時です!メロンがそのまま勢いをつけて、坂をごろんごろん転がっていってしまいました!

ごろごろごろ… 石に当たって、大きくはねてしまいます!さらにそのときの勢いで、赤いリボンがついたヘタもとれてしまっています。

しかしメロンさん!「しんぱい ごむよう」と自信満々な表情で、手を挙げて言います。

メロンさんは、黄色の川のような場所へスポッと入ると、そのままこねこね…。と、こねられ、きゅっとされ、こねられ、まるくなっていき…。たくさんの似たお友達とトンネルに入っていきました。

そこはぽかぽか、じりじりとしています。

しばらくすると…

焼きたてメロンパンができあがりました!カリッ、サクッ、美味しそう!どうぞ、めしあがれ。

めろんさんがね・・ 表紙

☆際立った特徴

子どもに人気のフルーツ・メロンがフルーツ屋さんから出て大冒険!ころころ転がり、最後はどうなるのかな?続きの展開が気になって楽しみになってきます!メロンやネコ、犬も可愛らしくて、小さなお子さんも何度も読みたくなるような内容です。

そして、シリーズ最大の特徴、主役の「しんぱい ごむよう!」の名ゼリフ。これを聞くと安心して、その後の展開がさらに楽しみになること間違いなし!です。

絵本の大きさは18.7㎝×21.0㎝で正方形に近く、子どもの手にも持ちやすい大きさです。

☆書店員の感想

●可愛いメロンさんが、フルーツ屋さんから飛び出していきました!ごろごろ…と転がって…!ドキドキする展開や、ホッと安心する展開などいろんな場面が楽しめます。

赤いリボンをつるの部分につけた、可愛らしいメロンがいます。くりっとしたつぶらな瞳がチャーミングです。大きくのびをして、あくびをしたメロンさん。フルーツ屋さんから逃げ出していきました。メロンさんがいたフルーツ屋さんは、カバーの表紙側の内側に描かれています。よく見ると、メロンが一番高いところに置かれているようですね。メロンさんが降りるときは、りんご、柿、桃、梨、バナナ、ブドウ、パイナップルなど…いろんなフルーツたちが手伝ってくれました。いろんなフルーツたちも色とりどりで、明るく和気あいあいと協力してくれているようすがワクワクしてくるように感じました。

フルーツ屋さんの外からみんなに手を振ってお別れしているメロンさん。とってもニコニコで、これからの展開がどうなるのか楽しみな雰囲気です。するとさっそくネコに転がされ、犬も一緒についてきて、子どもの好きな登場人物だなぁ、と思って見ていました。次男が実際にこの絵本が大好きで、この場面になるといつも「ネコさんがやってきて、つぎに犬さんもやってきました」と言いながら嬉しそうに読んでいます。犬とネコのイラストがまた可愛らしいので、ついついまた見たくなるようです。

商店街の中を2匹は転がしながら進んでいきます。どこまでいくのかな、と思っていると…。メロンが下り坂の勢いでごろん、ごろん…と転がりだしたからビックリ!!ネコも立ち上がって口を押さえています。その勢いで石にぶつかり、大きくはねてつるも取れてしまいました!「きゃー、あぶなーい!」と声をかけてしまいそうな、ドキドキの場面です!

けれど、この絵本シリーズの名ゼリフ「しんぱい ごむよう!」が出ましたので、もう大丈夫。このあとは安心する楽しい展開が待っています。次男もいつも手を挙げる仕草も真似して、このセリフを大きな声で言っています。面白いから、というのと、自然とメロンさんを応援しているのかな、とも感じます。

●文章もリズミカルで、ごろごろ転がり元気いっぱいなメロンさんにぴったり!語りかけるような口調の文章も親近感が湧き、よりお話の中に入っていくことができます。

ごろごろ、と転がっていくようすが楽しい内容の絵本ですが、ごろん、と、めろん、をかけているような、音を楽しむ文章も楽しいように思います。めろん、ごろん、という言葉が各ページに出てきます。ネコと犬とがメロンを転がしているところでは、めろん ごろん、が4回繰り返されていて、ユニークな響きです。

そのあと、メロンさんがこねられているところや、きゅきゅっとまるまる、と丸められているところ、じりじり ぽかぽか、と焼かれているオーブンのようすを表されているところなど、場面ごとの音や表現を耳で楽しむことができます。

また、お話のはじめの文章では、『~したんだって』、とこちらに語りかけてきているような、距離が近く感じるような語りかけだなと感じました。子どもに読むときも直接声をかけているような感覚で読め、メロンさんがより身近な友達に思えてきそうです。

●絵が可愛らしくて、さらに最後にはおいしそう!子どもが喜ぶ絵の描写で、何度も読み返したくなる絵本です。

「しんぱい ごむよう!」と凛々しい顔で答えたメロンさん。黄色のふんわり柔らかそうな場所に着地しました。ビックリしたけれど、これで安心。そして、メロンさんはこれまた子どもたちが大好きな『メロンパン』に変身していきます。

この変身するようすも楽しいようで、次男は焼きあがったメロンさんを見て、「焼きたてのパンだよ~!わぁ~、美味しそう!」と繰り返して言っています。(笑)さらに食べる真似をするときもあって、変身前も変身後もどちらの姿も大好きなようでした。

メロンも、途中で出てくるネコと犬も可愛らしいです。ネコと犬は横向きの姿だけで、メロンを転がしながら歩いているようすが描かれていますが、その自然なとことこ歩いている様子がまた可愛らしく見えてくるようです。表情もイラストも背景も優しく柔らかい雰囲気で、色合いも明るく見ていて心がなごみます。

メロンさんが冒険して変身する過程が、何度読み返して覚えていてもまた読みたくなる楽しさがある絵本です。一緒に街へ飛び出して、ピンチのときには「しんぱい ごむよう!」と、ユニークさとアイディアで乗り切っていきたいですね。

めろんさんがね・・ 裏表紙

ツイッターで絵本プレゼント実施中

にむさん
  • にむさん
  • 現在8歳と3歳の男児の育児に奮闘中です。
    兄が弟に絵本の読み聞かせをしてくれることもあり、そこから学ぶことも多い日々です。
    短大で介護の勉強をし、介護福祉士を持っています。