アンパンマンのしかけえほん⑥ いけるといいね トイレ

アンパンマンのしかけえほん⑥ いけるといいね トイレ 表紙

これからトイレトレーニングを始める子にピッタリ!みんな大好き、アンパンマンと一緒に、トイレに行く練習をしてみましょう。

☆3つのおすすめポイント

  1. トイレってなぁに?アンパンマンとお友達の、トイレについての楽しいお話です。
  2. アンパンマンのキャラクターたちがトイレに行っている絵に、親近感が湧いてきます。ぼく、わたしも、おトイレ行ってみようかな?という気持ちになれそうです。
  3. おむつからトイレへ。進み方はその子その子で、それぞれ。ゆっくり進めていきましょう。

☆あらすじ

アンパンマンとお友達がトイレについて楽しくレクチャーしてくれます。

おでかけの前にはトイレに行きましょう。

ちびぞうくんがトイレに入っているので、ネコみとウサこは順番に並んで待っています。

ちびぞうくん、一人でトイレでおしっこができました。

次はブタおくんが、トイレでうんちをしています。うんちのあとは、トイレットペーパーでお尻をキレイに拭けました。手もきちんと洗って、アンパンマンに褒められています。

ウサこちゃんは、トイレが終わったら、水をきちんと流しました。

トイレを済ませ、遠足に出発です。

しかしバイキンマンは、トイレに行くよう勧められても、フンッと行く気がありません。

みんなでSLマンに乗って出発しました。

すると、やはりだんだんトイレに行きたくなってきたバイキンマン。途中で止めてもらい、トイレに駆け込み、間一髪間に合いました。

☆際立った特徴

お子さんに馴染みの深いアンパンマンたちが、トイレについて教えてくれる絵本です。

トイレでの排泄だけでなく、順番に並ぶことや、水を流すことなど、基本的なマナーも盛り込まれています。

中はしかけ絵本になっていて、右のページが折りたたまれていて、開くとトイレの中にいるキャラクターのようすが見られるような仕組みになっています。めくり方や、しかけの作りは簡単ですので、小さいお子さんでもめくったり閉じたりしやすくなっています。

また、表紙の裏側にあたる本のカバーには、「おうちのかたへ」と、無藤 隆さん(白梅学園大学教授、元お茶の水女子大学付属小学校校長)からのメッセージが書かれていて、「出なくても平気、まずトイレに行って座ることが楽しくなるようにしましょう。」とあります。このあとに続く文章も、とても参考になりました。親子でおおらかにトイレトレーニングを進めるヒントが詰まっていますよ。

本のサイズは15×16㎝で、大人も子どもも気軽に手に取れる大きさです。

☆書店員の感想

●トイレってなぁに?アンパンマンとお友達の、トイレについての楽しいお話です。

生まれてからしばらく、トイレという個室には行かず、おむつの中でおしっこやうんちをしていた子どもたち。それが、成長とともに、トイレに行くようになる日がだんだんとやってきます。

大人はもう、トイレに行くことはごく自然な行為になっています。けれど子どもたちは、トイレで排泄をするということは、未知なる挑戦になるわけですね。

そんな、ちょっぴりドキドキ…なトイレデビューを、アニメなどでおなじみの子どもの味方、アンパンマンとお友達たちが一緒に応援してくれますよ。

トイレに行って何をするのかな、どうしたらいいかな、いつトイレに行ったらいいのかな…。アンパンマンのお友達が仲良く教えてくれます。

●アンパンマンのキャラクターたちがトイレに行っている絵に、親近感が湧いてきます。ぼく、わたしも、おトイレ行ってみようかな?という気持ちになれそうです。

表紙のバイキンマンは、一生懸命おしっこを我慢しています。そして、裏表紙のバイキンマンは、便座に座ってなにか考え事をしているようにも見えます。裏表紙のバイキンマンを見た次男は、「バイキンマンがおトイレ座ってるね。」と興味津々でした。アニメのキャラクターもおトイレするんだ…、という素朴な感覚だったのかもしれません。

中に描かれたお友達たちも、順番に並んで、おしっこして、うんちをしてお尻を拭く、トイレの水を流す、手を洗う…、当たり前のことのようですが、馴染みのあるイラストとして視覚で情報が得られることで、より自分のこととしてイメージしやすいのではと思いました。

また、出かける前や寝る前におしっこに行くよとすすめても、「いましたくない」と言われることが多くあります。「出ても出なくても、とりあえず座ってみて」と言って行ってもらうこともありますが、このお話を読んで、「出かける前はおトイレに行っておいたほうがいいんだな」という気持ちに少しずつ結びついてくれるように思いました。

●おむつからトイレへ。進み方はその子、それぞれ。ゆっくり進めていきましょう。

我が家の息子たちのおむつが外れるきっかけになったのは、保育園の先生からの一言でした。

「おしっこの間隔が長くなってきていて、おむつがぬれていないときがあるので、おトイレにすすめてみてもいいかもしれません。」

「そうなんですね!!」と、ビックリ。二人共、2歳3ヶ月頃くらいにそう言われたように思います。超がつくズボラ母なので、トイトレ… まだまだ先でしょう!と思っていました。

たまに、気が向いたら座らせてみようかな〜、程度で、「お母さんおトイレ行くけど、一緒に行く?」と誘ってみるくらい。この日から、「やってみたほうがいい…のかな!?」と、半信半疑で始めたのを覚えています。

長男のときは、そう言われた日から、おむつのようすを見て声をかけました。案外、便座に座ることに抵抗はなく、すんなり座りましたが、便座に座っておしっこを出す…、どういうこと?といった表情でしばらくお互い見つめ合っていました。(笑)男なので、ちょっと陰部をツンツンとしてみたらいいかな?と、少しだけツンツンしてみましたが、出ず。「おしっこシーよ、シー」と声をかけるも出す感覚がなかなか掴めない日があり、出たり出なかったりしました。

けれど、長男のときはトイレに行って座ったらシールを貼ることにしてみると、トイレに行くという行為は楽しくなったようでした。そのうちにおしっこが上手にできるようになり、お兄ちゃんパンツも喜んで履いていました。そのあと便になると、長男は赤ちゃんのときから便秘になりやすいので、洋式便座は踏ん張りが効かず、おまるが活躍しました。はじめは洋式便器で頑張ってみて、難しいときはおまるへ…という流れでした。

次男はというと、長男のようすを四六時中見ている子だったので、トイレの認識は早く、トイレに行って座るとすぐに出、私もびっくりしたので大きく褒めると、とっても喜んでいました。けれど、長男のときよりシールにはあまり興味がなく、効果は薄かったです、何がその子にハマるかわからないので、いろいろ試してみるのがいいのかもしれないなと感じました。

おしっこもうんちもできるようになったので、あとは上手にお尻が拭けるようになるといいなぁ…、と切実に思っています。

絵本では、アンパンマンと一緒に、トイレについて楽しく知ることができる内容となっています。トレーニングというよりは、お話から自然と記憶に残るような感じに思います。生活の中で、自然と生かされてくるように思いました。

アンパンマンのしかけえほん⑥ いけるといいね トイレ 裏表紙
にむさん
  • にむさん
  • 現在8歳と3歳の男児の育児に奮闘中です。
    兄が弟に絵本の読み聞かせをしてくれることもあり、そこから学ぶことも多い日々です。
    短大で介護の勉強をし、介護福祉士を持っています。