パンダのパンやさん

ユーチューブで書店員ふたりが、絵本と子育て体験を語ります

パンダのパン屋さんが、商店街にパンを配達に行ってきま〜す!パンダの親子と、商店街の町のみんなとの、ほのぼのとした関係が心温まります。パンが大好きな子におすすめです。

☆3つのおすすめポイント

  1. パンダの親子の、パンの配達です。どこに配達に行くのでしょうか?みんなの好みはなんでしょう?美味しそうなパンや、お店の食べ物もたくさん出てきます。
  2. 動物たちはみんな笑顔です。笑顔あふれる町。楽しい町のみんなとのピクニックはもう最高です。
  3. ちょっとギャグっぽい要素もある、楽しさあふれる絵本です。隅々まで読みたくなります。

☆あらすじ

パンダのパン屋さんは、朝早くからパンを作っています。作るパンは3種類。食パンとロールパンとコッペパンを作ります。焼きたてのパンを楽しみに待っていたお客さんたちがたくさん来てくれました。

お昼ごはんのあとは、バイクに乗って配達に出発です。お父さんパンダと、子パンダも一緒に行ってきます。にぎやかな町の中を走ります。

まずはウサギの和菓子屋さんに、トーストを届けにやってきました。パンにあんこをのせてあんトーストにするのが美味しい、とうさぎさん。

今度はいぬの蕎麦屋さんです。蕎麦屋さんの娘さんがロールパンが大好きということで、ロールパンを届けにきました。お蕎麦屋さんも人気のようで、大盛況です。

次はライオンの喫茶店に食パンを届けにやってきました。かっこいいたてがみのライオンです。

配達の途中ですが、ちょっと神社でお参りです。お父さんと子ぱんだ、それぞれの願い事を拝んできました。

次の配達先はトラの中華屋さん。毎日、コッペパンとコーヒーの朝食だそうです。かっこよく炒めものをしているトラのおじさん、おしゃれな朝ごはんですね。

今度はネコのあんみつ屋さんです。とっても美味しそうな甘味が並んでいるお店に、食パンを配達しました。子パンダもよだれを垂らして甘味のショーケースを眺めています。

その次に、キツネのお好み屋さんにコッペパンを配達にきました。…が、おやつの時間、とっても美味しそうなニオイにつられてお腹がパンパンになるまで食べてしまいました。美味しいと止まりません。お腹がいっぱいになってしまったので、お父さんと一緒に池のアヒルボートに乗って、運動がてらすーいすい。

最後に、ブタのコロッケ屋さんです。ロールパンとパン粉をお届けです。パンダのパン屋さんのパン粉でコロッケを揚げるととても美味しくなるそうで、行列ができています。

配達が終わり、お店に帰って、あたたかいお風呂に入り、家族みんなでご飯を食べます。

ぐっすり眠ったら…朝です。今日は、町のみんなとピクニックです。みんなで一緒に、大きな敷物の上でランチです。みんなパンが大好きなようで、パン屋さんに配達してもらったパンを好みにアレンジしてお弁当を作ってきました。

みんなでピクニックランチ、とっても美味しい!!

パンダのパンやさん 表紙

☆際立った特徴

パンダの親子が、バイクに乗って配達に行きます。にぎやかな町の、いろんなお店で働くひとたちに配達です。いろんな動物の店員さんがいて、みんなとっても仲良く楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

親子の楽しい配達時間。パンにちなんだ効果音やギャグっぽい言葉も織り交ぜられているので、ちょっとクスッとしてしまうような、どこで「パン」が出てくるかな、とちょっと気になってきます。

パン屋さん以外のお店もとても美味しそうです。和気あいあいとしていて、みんな生き生きと働いています。穏やかだけど活気があって、こんな町に行ってみたいな、そんな気持ちになってきます。

美味しそうなパンや、いろんな動物たち、いろんなお店や風景も細かく描かれていて、どこを見ても楽しめます。

☆書店員の感想

●パンダの親子の、パンの配達です。どこに配達に行くのでしょうか?みんなの好みはなんでしょう?美味しそうなパンや、お店の食べ物もたくさん出てきます。

パンダのパン屋さんは、朝から大忙しです。眠い目をこすって起きてきた子パンダですが、お店はもうすでに大忙しです。焼き立てパンは美味しいですね。ニオイにつられてついついお店に入ってしまいそうです。

午前の賑わいが落ち着いてから、午後からは配達です。お父さんと子パンダが一緒に配達に行きますが、少し昔の、古き良き時代の感じがお話の所々から感じてきます。配達も小さな二人乗り用シートがついた原付きバイクです。子パンダは、お父さんにしっかりつかまって出発します。

ウサギの和菓子屋さんでは、店先で和服を着て和菓子を食べている馬のお兄さんがいます。美味しそうな和菓子が並んでいて、着物姿のウサギの店員さん、風情を感じますね。和菓子の美味しいあんこと、パン屋さんの美味しいトースト。絶品でしょうね。

お次の蕎麦屋さんも犬のお店屋さんが経営しているとあって、「わんこや」という店名です。わんこそばを食べているお客さんもいます。お店の木のぬくもりを感じる内装やのれんなど、趣を感じるお蕎麦屋さんです。

今度のライオンの喫茶店も、昔の「純喫茶」のような店構えに感じます。ライオンの服装も、赤いチェックのチョッキに、黒いパンツ、かっこいいたてがみで男前です。クリームソーダを飲んでいく?と誘われた子パンダ。クリームソーダ、なんとも惹かれる響きです!

トラの中華屋さんのお店は、メニューがたくさんあって目移りしそうです。ネコのあんみつ屋さんのショーケースにも、温かいものから冷たいものまで甘味が並んでいて、どれも美味しそう。よだれを垂らしている子パンダが可愛らしく思いました。

そして次に行ったお好み焼き屋さんも、田舎のおばあちゃんちのような落ち着いた雰囲気のお店で、親子でうきうきお好み焼きが焼き上がるのを待っています。このときヘルメットを脱いでいるのですが、耳の部分だけくり抜かれていて、ここから耳が出ていたんだと可愛らしく感じました。また、ブタのコロッケ屋さん、お店の名前はブタにちなんでいるのでしょうか、「トントン」です。お店に並んでいる揚げ物が魅力的で、夕飯のおかずに買って帰りたくなってきます。くまの親子やヤギのサラリーマンなど5人並んでいて、みんなここのお惣菜が楽しみでしょうがない、といったほくほくとした表情で待っているようです。

●動物たちはみんな笑顔です。笑顔あふれる町。楽しい町のみんなとのピクニックはもう最高です。

どのお店の店員さんもニコニコ楽しく優しそうで、並んでいるお客さんもみんな笑顔です。配達でバイクを走らせる町では、大きなデパートもあります。ビルの屋上に大きな牛のモニュメントも飾られていて、迫力満点、宣伝効果もバッチリです。リスのしっぽがビルから出ていたり、空に飛んでいる飛行船はたい焼きのような形をしています。みんな明るく、ユニークな人柄の人たちなんだろうなぁ、と感じました。

お池でアヒルボートに乗っているときも、ジョギングしている羊さんは子パンダに明るく挨拶してくれます。近くのボートに乗っているカップルも、穏やかにようすを見ています。ほのぼのとした公園の風景、癒やされますね。

そして、配達の次の日は、町の人達とピクニックです!配達に行った先のお店の人たちがみんな集まっています。みんな、パンダのパン屋さんのパンが本当に大好きなのですね。それぞれお店の美味しいメニューと組み合わせてアレンジして持ってきています。

和菓子屋さんはあんトースト、蕎麦屋さんは海老天ロール、中華屋さんは五目そばパンに、喫茶店のライオンさんはサンドイッチです。あんみつ屋さんは、パンダ親子に話していたように食パンにあんみつを挟んだあんみつパンを作ってきています。お好み焼き屋さんはお好み焼きを挟んだおこのみサンド、トントン揚げ物屋さんはコロッケパンです。

パン屋さんの絶品パンと、みんなのお店の美味しそうなメニューとの組み合わせ!たまらなく美味しそうです。しかし、パンダ親子はまさかの「おにぎり」です。(笑)具はなにかな?と、そちらも気になってきます。毎日パンだと、お米が恋しくなるんですかね。(笑)前日の夜のパンダ家族の食卓を見ると、笹の葉づくしですので、パンダはやはり笹が一番のごちそうなのでしょうか…。いろいろ気になります!

●ちょっとギャグっぽい要素もある、楽しさあふれる絵本です。隅々まで読みたくなります。

タイトルからまず「パンダのパン屋さん」です。「パン」をかけているのですね。タイトルを読んで、なんだか面白そうだな、と興味を持ちました。

パンダのお父さんがパンの仕込みをしています。そのときの音も、「パンパン」。確かに!ここもパンにかけられています。配達のバイクに乗っているときも「パパパパパン…」、神社でお参りするときの柏手も「パンパン」です。

また、絵もじっくり見ると、細かいところが気になってきます。

起きてきた子パンダの可愛い笹柄のパジャマ。子パンダはいい夢が見れそうですね。また、おしゃれな動物たち。ウシが牛柄のベストを着ています。

お母さんの背中におんぶされている赤ちゃんパンダも可愛らしいですし、お母さんとってもがんばっているんだなぁ…というのもすごく伝わってきます。

抱っこひもに入っているカンガルーの子どもや、お好み焼き屋さんでタヌキとサルがお笑い芸人のように盛り上がっているようなようすもあります。お店の電気のかさも古風で、昭和の香りがしてくるようです。

また、配達から帰ってきてからのパンダ家族の夜のようすが、見ていて温かい気持ちにさせてくれます。きょうだい仲良くお風呂に入って、みんなで食卓を囲んで夕飯を食べ、笹の柄のお布団で4人並んでおやすみなさい…。こんななんでもないような家族の日常が、見ていてほっとする気持ちにさせてくれるような気がしました。

にぎやかな声が聞こえてきそうな、そしていろんなところからいろんなおいしそうなニオイがしてきそうなステキなこの町に遊びに行ってみたいなと思いました。

パンダのパンやさん 裏表紙
にむさん
  • にむさん
  • 現在8歳と3歳の男児の育児に奮闘中です。
    兄が弟に絵本の読み聞かせをしてくれることもあり、そこから学ぶことも多い日々です。
    短大で介護の勉強をし、介護福祉士を持っています。