フライパン

ユーチューブ動画で保育士書店員が詳しく解説しています

お料理好きの子にピッタリ!フライパンで美味しい料理を作りましょう!ほぼ全ページが、開くしかけ付き!美味しい匂いも美味しい音も聞こえてくるよ♪

☆読み聞かせのポイント

  • 仕掛けは子どもにめくらせて!
  • 卵を割ったり、食材をカットして”おままごと遊び”。
  • 蓋をめくる前は「上手に焼けたかな?」と声を掛けて。
  • 「美味しそうだね!」「いい匂いがするね!」見た目から味や匂いを想像しよう!
  • 出来上がりは、食べる真似っこ!「美味しーい♩」
  • 「明日の朝食べようか」「一緒に作ってみようね!」と楽しみを膨らませて!
  • 「いつも美味しいご飯をありがとう!」 道具に感謝☆

☆際立った特徴

  • 148cm ×148cm の正方形のボードブック。
  • 全38ページの中でほとんど全てのページの一部分がめくれる仕掛け。
  • 調理道具であるフライパンにフォーカスした絵本!
  • フライパンで作る料理を5種類。
  • 美味しい音・美味しい匂いまで感じられる。
  • 道具のありがたさ・大切さを感じる。
  • 小さなお子さんから就学前・小学生まで、フライパンで調理する工程を楽しんだり、料理の疑似体験が出来る。
  • おままごと遊び。

※赤ちゃんでも持ちやすい大きさではありますが、ボードブックである事と仕掛けの仕組みがある事で、ページ数のわりには、かなり重たさはあるように感じます。小さなお子さんは、保護者の見守りの元で読んだり、お膝やテーブルの上で読めると良いでしょう。

しかけえほん フライパン 表紙

☆あらすじと書店員の感想

ある食材が登場します。それを使ってフライパンで調理する工程が、見開き2~5ページで描かれています。どんな風に切ったり割ったりするかな?どんなお料理に変身するかな?出来上がりまでじっくり楽しめます!

まず登場したのが、卵1つです。「こんこん」として、殻を割るシーンです。仕掛けのページをめくると。割れた殻から中身がドローンと下に落ちます。出てきた卵のリアルなこと!ドロンとした感じや黄身の色からその新鮮さが伝わってきます。

その卵の行きついた先は、フライパンの上。蓋をして火を通します。「どうかなー?できたかなー?」と期待して蓋(めくる仕掛け)を上げてみるとじゅゅゅゅゅーーー!と半熟状態の目玉焼きの出来上がりです。さあ次はベーコンとウィンナーです。しかけをめくると一口大にカットされたベーコンと、バツに切れ目が入ったウインナーに変身です。それをフライパンで焼いていきます。蓋をして中まで火を通します。”ぱちぱち じゅじゅじゅうー”とフライパンの中から音がします。「どうかなー?焼けたかなー?」蓋の仕掛けをめくると焦げ目が入った最高の状態です!

白いお皿に先ほどの目玉焼きと一緒にベーコンとウィンナーを盛り付けて、出来上がり!!”ホカホカジュージュー”美味しい匂いとアツアツな湯気が立っていますよ。さあ温かいうちに召し上がれ! 『はい、どうぞ!』

ここまでの工程を見開き5ページで描いています。他にもホットケーキ・卵焼き・焼き鮭・野菜炒めを作ります。それぞれを先ほどと同じように見開き2ページから5ページで描いています。どれも料理工程を丁寧に描いています。どんな色に焼けているのか、仕上がりはどんな風なのか、ぜひ期待してしかけページを開いて頂きたいです!どれも期待以上の美味しい絵になっています。

それぞれの作業中の切ったり割ったりする音がリアリティーがあります。そして出来上がりの絵は、匂いや焼けてホカホカな熱さまで感じることができます。音と匂いと湯気で・・・あなたのお腹がきっとキュルルルーと鳴りますよ!

それぞれの料理工程には、食材を割ったり切ったりする音や、焼ける音など、それぞれにピッタリの音が言葉で書かれています。ただたんに切る音は「とんとんとん」ではありませんよ!フライパンでホットケーキの液を垂らし入れる時の音も「ポター」ではありませんよ!ピッタリの音で書かれています。さあどんな音かな?

そして、出来上がりが最高に良いです!例えばホットケーキ。焼き色がまん丸なきつね色で、フワフワに膨らんでいます。それが3段重なって、上からハチミツとバターが乗っています。たっぷりかかったハチミツが下に向かってタラ―ンと流れているのですが、ハチミツの粘質や透明感が美しくて、最高の状態です!

ホットケーキとハチミツの甘い香りと温かいフワフワな生地が、きっと食べたい気持ちにさせて読者のお腹をきゅるるるるーと鳴らすことでしょう。

その他の料理も同じように、絵だと分かりながら、音・匂い・熱が目から伝わってきて、とても美味しそうです!きっとあなたのお腹と唾液を刺激する事間違いなし!なのです。

小さなお子さんから就学前・小学生まで、フライパンで調理する工程を楽しんだり、料理の疑似体験をすることができます。「はい、ぞうぞ」のやり取りで、おままごと遊びをすることも出来ます!

本書は、実際に料理する工程を見て、仕掛けをめくりながら出来上がりを楽しむのですが、自分が料理をする疑似体験が出来ます。そして、出来上がった完成図には「はい、どうぞ!」と毎回言葉があるので、きっと『いただきまーす!』と言葉を返して食べる真似っこをしたくなることでしょう。

作る真似をしたり、食べたり、食べさせてあげたり、「いただきまーす!おいしいね!」と親子で一緒に言葉を交わしたり、色んな遊び方が出来る絵本になっています。

一人でも、もちろん楽しめる絵本ですが、ぜひ、兄弟・親子で一緒に読むと、もっと楽しさが膨らむ絵本なんじゃないかなと思います。

そして、最後はいつも美味しい料理を作らせてくれるフライパンを丁寧に洗って、感謝を伝えましょう!

『いつも美味しい料理をありがとう!』

しかけえほん フライパン 裏表紙

ツイッターで絵本プレゼント実施中

よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。

    保育士・幼稚園教諭二種・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士・幼稚園教諭免許を持つ書店員としてのアドバイスなどをご紹介出来たらと思っています。