14ひきのさむいふゆ

14ひきのさむいふゆ表紙

冬のおやすみ前の読み聞かせタイムにぴったり!

☆3つのおすすめポイント

  1. 冬なのにとても温かい感じがする絵本。
  2. 作中のとんがりぼうしゲームのやり方が書いてある付録が入っています。
  3. 登場人物を探す楽しみもあります。

☆書店員のレビュー

森の中。大きな大きな木の下にはネズミの家族が住んでいて、日常の生活を可愛らしく描いている14ひきのねずみシリーズ。小さな小さなねずみの日常が、優しく暖かく描かれています。一匹ずつ名前がついていて、性格も様々な子どもねずみたち。

”さむいふゆ”では、さむいさむい森の中、ねずみたちは冬の吹雪で外に出られません。ねずみ一家の冬の一日を暖かく優しく描いています。外には出られないからこそ、家の中で家族仲良くゲームをしたりおやつを作ったり、とても楽しそうです。何より、絵の優しいこと…。薪ストーブの暖かい空気まで伝わってきそうです。そしてねずみのお母さんが作るおまんじゅうも美味しそう!「おまんじゅうたべたい!」気持ちになりました。

  • 作品名:14ひきのさむいふゆ
  • 著者名:いわむらかずお
  • 出版社:童心社
14ひきのさむいふゆ裏表紙

                                 

よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士としての感想などご紹介出来たらと思っています。