あめふり くまのこ

あめふり くまのこ表紙

憂鬱に感じる雨の日にピッタリ!

☆3つのおすすめポイント

  1. 「あめふりくまのこ」の童謡絵本です。
  2. 雨の日も、またいいものだと感じられます。
  3. 読みながら歌い、歌いながら絵本もじっくり楽しめます。

☆書店員のレビュー

「おやまにあめがふりました あとからあとからふってきてー♪」 童謡絵本です。

かわいいクマの子どもが、雨の中イタズラしたり魚をさがしたり、色んな楽しみを見つけて遊んでいる様子が描かれています。

この歌は昔から私も大好きで、雨の日はついつい歌ってしまいます。絵本を見ながら歌っていると、映像がリンクして子どもにも分かりやすそうです。

童謡って素晴らしいです。そして、この歌に”高見八重子”さんの繊細で優しい色使いで描かれたこの絵がぴったりな気がします。

雨にうたれる、森・川・はらっぱ・カマキリ・かたつむりなど、全ての自然が美しいです。

そして、あたまに葉っぱの傘をのせる表情が、とても可愛らしいです。

歌いながらページをめくっても良し、1枚ずつじっくり絵を楽しむのもおすすめです!

  • 作品名:あめのひ くまのこ
  • 詩:鶴見 正夫
  • 絵:高見 八重子
  • 出版社:ひさかたチャイルド
あめふり くまのこ裏表紙

よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士としての感想などご紹介出来たらと思っています。