10かいだての おひめさまの おしろ

10かいだてのおひめさまのおしろ 表紙
カバーを外すと出てくる2枚目のカバー

プリンセスに憧れている子にピッタリ!

☆3つのおすすめポイント

  1. 憧れのおひめ様になる為の10の準備を紹介。
  2. 自分だったら、どんなおひめ様になりたいか選んで、カスタマイズできる。疑似体験。
  3. 見た目だけではなく、ダンスの仕方や食事マナーなど、おひめ様の内面磨きもレクチャー。

☆あらすじ

おひめ様に憧れている女の子のもとにパーティの招待状が届きました。

「わたしが おひめさまに?と女の子が言うと、招待状に描かれたティアラが輝いて・・・!!!

気づくと、10階建ての素敵なお城の前に立っていました。1階登るごとに、ドレスや靴、髪型など、どんなおひめ様になるか選んでいきます。

中にはテーブルマナーや、お行儀の良いあいさつなど、見た目以外の磨き方も教わっていきます。

素敵なおひめ様に仕上がった女の子。最上階の10階では、豪華なお食事と、みんなからのお祝いの拍手☆

すてきな王子様と、とっても素敵で幸せなダンスタイムを楽しみます。

しかし、踊っているうちに少しずつ身につけていたドレスは花びらとなり・・・

さぁ、女の子はどうなるのでしょう。

案内人のテディベアが女の子に伝えた言葉とプレゼントとは何か。

☆際立った特徴

おひめ様に憧れている子が好みそうな、パステルカラーの色合い。

絵本のカバーが、2枚重ねになっています。

10かいだての おひめさまの おしろ
切り抜いて、きせかえ人形が作れる、付録のカバー
切り抜いて、きせかえ人形が作れる1枚目のカバー
10かいだての おひめさまの おしろ 切り抜いて、きせかえ人形が作れる1枚目のカバー 裏
切り抜いて、きせかえ人形が作れる1枚目のカバー 裏

カバーの1枚目は、切り抜いて紙の着せかえ人形が作れるようになっています。絵本の世界を手に取って実感できます。

最上階の10階までに1階登るごとに、ドレスなら13着、靴なら29足。それぞれ沢山の選択肢の中から、女の子が自分の好きな物を選んでいきます。

読者も一緒に「自分ならコレがいいな!」と、選びながら擬似体験ができます。

☆書店員の感想

おひめ様に憧れる女の子が、「おひめ様」になっていく本です。

まず、カバーが着せ替え人形になるって!とってもお得です。しかもどれも可愛い!

私が小さい時は紙の着せ替え人形で、よく遊びましたが、今はあまり紙の着せ替え人形を見なくなりました。紙の良さは、細かい指動きが出来なくてもパパッと着替えさせられることです。

小さい子でも簡単に取り外し、思いのままに好きなパーツを装着出来ます。

本の中では、主人公の女の子がドレス・靴・ネックレス・ハンカチ・ティアラなどなど、沢山の選択肢からアイテムを選んで、上の階(次のページ)へ進んでいきます。

私も昔は”プリンセスになりたい女の子の1人”でしたので、本書を読みながら、3歳の娘よりも真剣に1つずつ衣装を選んでしまいました。

私は自分でもビックリするくらい、レース多めのフワフワ系の仕上がりになりました。娘は、どちらかというと、お花の妖精さんのような仕上がりになりました。

1ページめくる度に、「可愛いねー♪」と言ってしまう私と娘は、もう完全に気分は”今からパーティーに行くおひめ様”です。

パーティーが終わって、ベッドで夢から覚めた女の子は、普段のパジャマ姿のままでした。

しかし、様子は以前とは違います。

キレイなドレスや宝石がなくても、一人前のマナーや振る舞いができれば、いつまでもお姫様でいられるんだよって、最後にクマさんが素敵なプレゼントを渡してくれたのです。

  • 作品名:10かいだての おひめさまの おしろ
  • 著者名:のはな はるか
  • 出版社:PHP研究所
10かいだてのおひめさまのおしろ 裏表紙
よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・幼稚園教諭二種・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士・幼稚園教諭としての感想などご紹介出来たらと思っています。