あいうえお でんしゃじてん

あいうえお でんしゃじてん 表表紙

電車で覚える五十音。ひらがなに興味が出てきた頃にピッタリ!

☆3つのおすすめポイント

  1. 電車や線路を通して、ひらがな五十音を覚えられる。
  2. 五十音すべてのページで、その文字から始まる電車や駅を紹介。
  3. ひらがなの文字が線路になっていて、指でなぞって書く練習ができる。(自分の指が電車になった気分で)

☆際立った特徴

ひらがなを学ぶ小さな絵本ですが、五十音すべてのページに、その文字から始まる複数の電車や、路線名、駅名が詳しく書かれています。

小型の絵本ですが、その内容の多さには驚きます。メジャーな列車だけではなく、ローカル線やローカル列車の情報まであるのは、電車好きにはたまらないでしょう。

また、楽しみながら、ひらがなの書き順を覚える工夫がなされています。

まだ、ひらがなの分からない頃は、おそらく「がたんごとん」と言いながら指で、線路の形のひらかなをなぞることでしょう。なぞる順番も書かれています。保護者はその時に、「”あ”って言うんだよ!」と教えてあげられます。

子どもが自分でめくって読みやすい小型サイズ。タテ168mm×ヨコ186mm 50ページ

巻末には、子供脳とEI(心の知能)についての記載があります。

書店員の感想

電車好きで、ひらがなに興味が出てきた、またはそろそろ興味を持ってほしいと思っている保護者に、ピッタリ‼です。

私の息子も電車が好きでしたので、小さい頃はよく「あ」のつく電車は何があるかなー?などとクイズを出し合いました。

ひらがなに興味が出てくる前でしたので、言葉遊びとしての1つでしたが、子供の方がプチ情報までよく知っていました。そんな遊びをしていくと、少しずつひらがなに興味が出てきたように思います。

自分に興味のあるものと絡ませると、遊びと勉強の境界線も薄くなるので、幼少期の知育には本書はピッタリではないでしょうか。電車好きのお子さんには特におすすめです。

子どもが本書を熟読してしまったら、親は電車クイズに負けちゃいますが・・・

ページの紹介

本書のページを簡単に紹介します。見開き1ページに、ひらがな1文字です。

【まず、右のページ】

例えば『い』のページには、『ドクター イエロー』の車体と、5・7・5調の紹介文があります。

下の方に登場するケンタ君が、「い」のつくセリフを言っています。「いいなぁー」など。(走っている地方の方言を話す時もあります。)

【次は、左のページ】

大きく『い』、線路の形でひらがなが描かれています。

書き順も線路に沿って、1・2と書いてあります。

線路上には電車『ドクター イエロー』が描かれており、指でなぞれば、自分が電車を走らせている気分になります。

線路の下には、複数の『い』から始まる電車、駅名、路線名を、小さな日本地図の上に紹介しています。

  • 作品名:あいうえお でんしゃ じてん
  • 著者名:絵・くにすえたくし  文・さかいそういちろう 
  • 出版社:視覚デザイン研究所
あいうえお でんしゃじてん 裏表紙
「スカイライン」なので、けんた君も「す」のつくセリフです!

よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士としての感想などご紹介出来たらと思っています。