ぼく、アンパンマン!

アンパンマンはじめまして ぼく、アンパンマン! 表紙

赤ちゃんもだいすき子どもたちに不動の人気のアンパンマン。アンパンマンに興味を持ち始めたお子さんに、ぜひおすすめです。

☆3つのおすすめポイント

  1. アンパンマンの表紙がインパクト大!
  2. アンパンマン誕生のひみつを知ることができます!
  3. ボードブックなので、じょうぶです。

☆あらすじ

まずアンパンマンの誕生について描かれています。そしていっしょに暮らしている家族や、まわりのたのしい仲間たちについての紹介に続きます。

また、アンパンマンは困ったひとを日々助けていますが、アンパンマンが困ったときはどうするのでしょうか。アンパンマンのいろんな秘密について、かわいい仲間たちといっしょに描かれています。最後にはおまけの迷路がついています。無事にたどり着けるでしょうか。親子で楽しんでみてください。

☆際立った特徴

まず、表紙のアンパンマンのイラストに目が行きます。アンパンマンの顔が表紙一面にドーン!と描かれていますので、小さいお子さんもまっさきに見つけそうです。

本の形も、アンパンマンの顔の形に沿って丸くなっていて特徴的です。厚みは1㎝強あります。しっかりとしたボードブックの作りですので、何度読み返しても曲がらずへたらず維持できそうです。

どのページをめくっても必ずアンパンマンが登場します!

変わった形状のため、本棚に入れると、コロンと回って、背表紙が上になってしまいます。いろんな意味で目立つ本です。

☆書店員の感想

赤ちゃんって、丸いものが好きだそうですね。我が子も0歳児のころからアンパンマンが好きで、ページをめくっては「ばぁ!」、少し大きくなってからは「パンマン!」とよくお話していました。

そのうちにアニメも見るようになったのですが、この本にはときどきアニメにも登場するような、少しレアなキャラクターも登場していて、かゆいところに手が届くような内容だと思いました。アンパンマンのキャラクターって、食べ物にちなんだキャラクターが主ですよね。美味しそうだな〜、この食べ物のイメージにぴったりなキャラ設定だな〜などなど、そんな視点からも楽しめました。

お子さんの好きな食べ物のキャラクターも探してみるといいですね。我が子は、ニガウリマンが大大大好きでした。本にも載っていますよ。いろんな個性豊かなお友達が多くて、楽しいですね。きっとにぎやかに、困ったときはそれぞれの個性で助け合っているのかもしれません。

ニコニコなアンパンマン、アンパンマンの全身姿、顔を分けてあげるアンパンマン、とんでいるアンパンマン…。とにかくアンパンマンづくしの絵本です。どのアンパンマンも子どもにとってヒーローですね。

顔が汚れたり、濡れたりして力が出ないときのアンパンマンの姿もあり、子どもには少しドキッとする場面かもしれません。ですが、アンパンマンが元気になるように、いっしょに応援してあげたくなります。

ジャムおじさんや、バタコさんの優しい雰囲気もいいですね。

普段の子どもにとってのヒーローは誰でしょう。不動の安心感、優しさをアンパンマンのように与えてくれるひとが、身近にたくさんいるといいですね。そして、そのうちにお子さんも大きくなって、誰かのアンパンマンのような存在になっているかもしれません。いつも笑顔で、温かく見守ってあげたいです。誰かが誰かのアンパンマンとなって、知らず識らず過ごしているのかもしれませんね。

この本では、アニメや絵本のお話ではなく、アンパンマンの誕生や仲間たちなどアンパンマンについて、いろいろ知ることができる絵本となっています。

最後には迷路遊びのページもあり、親子でなぞってゴールを目指して、楽しめました。

  • 作品名:アンパンマンはじめまして ぼく、アンパンマン!
  • 原作:やなせたかし
  • 作画:トムス・エンタテイメント
  • 発行者:飯田聡彦
  • 出版社:株式会社フレーベル館
アンパンマンはじめまして ぼく、アンパンマン! 裏表紙
にむさん
  • にむさん
  • 現在8歳と3歳の男児の育児に奮闘中です。
    兄が弟に絵本の読み聞かせをしてくれることもあり、そこから学ぶことも多い日々です。
    短大で介護の勉強をし、介護福祉士を持っています。