ノンタン おねしょで しょん

ユーチューブ動画で保育士書店員が詳しく解説しています

トイレトレーニング中のお子さんや、保護者にピッタリ!おねしょしても大丈夫!と思わせてくれる心温まるストーリー★

☆3つのおすすめポイント

  1. ある日、ノンタンとお友達は揃っておねしょをしてしまいます。どんな形のおねしょかな?まる?さかな型?ハート? どれも可愛い”おねしょ”なんです。
  2. 濡れたお布団を木に干します。お日様の力を借りて干そうとしますが、イジワルな雲がやってきて、雨を降らします。どうしよう・・・と思った時、助けてくれたのは風さんでした。ハラハラドキドキの展開です!
  3. 「でんでら でんでら」「ひゅう ひゅう ひゅるるん」など、繰り返し&擬音語が多い文章です。読んでいると、とてもリズムが良くて、読みやすく感じます。繰り返し&擬音語が大好きな子ども達の心をつかんで、きっと真似して口ずさみたくなることでしょう!

☆あらすじ

「おはよう!」ノンタンが起き上がると、「あれれ?あーっ、またやっちゃった。」

ノンタンのシーツには【お魚の形】のおねしょの跡。ノンタン、ノンタン、おねしょでしょん。

3匹のうさぎさん達もおねしょでしょん。3匹のおねしょは並んで3つ、【A・B・C】

くまさんも、おねしょでしょん。くまさんのおねしょは、【でかでか】おねしょ。

ぶたさんも、おねしょでしょん。ぶたさんのおねしょは【ハートの形】

たぬきさんも、おねしょでしょん。たぬきさんもおねしょは、【まんまるお月さま】

みんなそろって、おねしょでしょん。

みんなで大きな木にお布団をかけてお日様の下で干しましょう!「よいしょ、よいしょ、お布団干そう!」

「おねしょで しょん。なかよく しょん。みんなで しょん。なかよく しょん。」

みんなで仲良く野原ではしゃいで遊んでいます。

「お日様てらてら かわかせ しょん。乾かせ乾かせ おねしょで しょん!」

あれれ?大変!イジワル雲が出てきてお日様を隠してしまったよ。

『でんでら でんでら おひさま隠せ!でんでら でんでら 雨 雨 ふらせ!』

大変!お布団が濡れちゃうよー。ノンタンは大慌てでイジワル雲から逃げました。

その時、お日様は大きな声で呼びました。「風さん風さん、吹いとくれ!イジワル雲を吹き飛ばせー!」

呼ばれた風は力強く風を起こします。ひゅう ひゅう ひゅるるん!『イジワル雲よ!飛んでいけー!!!』びゅーーーん!

そして、でんでら でんでら と、イジワル雲は飛ばされました。はーよかった。

イジワルなくもが去り、子ども達は安心して喜びました。「わるくも にげたぞ!風さんありがとう!」

そして、大きく温かくお日様が子ども達と、お布団がかかった木を照らします。

♪「てらてら てらてら おふとん かわけ!てらてら てらてら おふとん かわけ!」♪

夕方、お日様のおかげでお布団は乾いてふかふかになりました。みんなは喜んで布団を持って家に帰ります。「さよなら また あしたね。」

その日の夜です。ふかふか ふんわりとしたお布団の中にノンタンが入って、おやすみをする時間です。気持ちが良いお布団にノンタンは喜んでいます。

「おふとん いいにおい。お日様の匂い いい気持ち。」

おやすみなさい。もう、おねしょはしませんように・・・★

ノンタン おねしょで しょん 表紙

☆際立った特徴

ノンタンは、これまでに23冊の「ノンタンあそぼうよ」シリーズ、9冊の「赤ちゃん版ノンタン」シリーズ、ボードブック、あそび図鑑などが出版され、その累計は3,200万部を越え、多くのファンを持つ大人気シリーズとなっています。

子ども達に、昔から愛される大人気シリーズ「ノンタンあそぼうよ」は、仲良しのお友達との日常を描いています。その中で本書は、おねしょをしてしまったある日のノンタンとお友達が、木に干して布団を乾かそうとしますが、イジワル雲がやってきて・・・。どうなっちゃうの?とハラハラドキドキとする場面も楽しめるストーリーです。さあ、お布団は乾くかな?温かい布団で今日は眠ることが出来るかな?

失敗は誰にだってあるもの。だけど落ち込まなくても大丈夫!「おねしょって、悪い事じゃないよ!乾かしちゃえば大丈夫なんだよ!」って、伝わる絵本です。

「でんでら でんでら」や、「おねしょで しょん」など、子どもが好きな繰り返しのフレーズの多い本書は、”おねしょ”というマイナスな出来事を、”大丈夫大丈夫!”とプラスに変えてくれるようにも感じます。

そして、リズムの良いフレーズで読みやすく、きっと幼い子どもも真似したくなります。読み聞かせの楽しみだけでなく、言葉遊びの楽しさも読み終わってから味わうことが出来ます。

☆書店員の感想

ある日、ノンタンとお友達は揃っておねしょをしてしまいます。どんな形のおねしょかな?まる?さかな型?ハート?どれも可愛い”おねしょ”なんです。

ある日ノンタンはおねしょをしてしまいました。あらら・・・。でもよく見てみると、おねしょが魚の形です。おねしょされると大人はガッカリ・・・でも、もし、おねしょが魚の形だったら怒るのも忘れて、ついつい笑っちゃいますね。

次に登場したうさぎさん達。うさぎさん達もおねしょをしてしまったのですが、なんと、英語の【A・B・C】の形です。三人揃って同じベットで眠っていたので【A・B・C】が並んでいます。夢の中で英語のお勉強でもしていたのかな?(笑)

その次はくまさん、そしてぶたさん、たぬきさんが登場します。なんとなく読者も、きっと3人ともおねしょしているんだろうなと察しがつきまね。そして、残念だったね!というより、「どんな形のおねしょなんだろう?」と、期待してしまうような展開です。

くまさんは体が大きいので【でかでか おねしょ】、ぶたさんは【ハートの形のおねしょ】たぬきさんは【まんまる お月様の形のおねしょ】でした。

3人とも個性的で、なんとも可愛らしいおねしょです。「あーやっちゃった」と残念そうな表情をしている子ども達ですが。これからどうするのかな?

なんと、みんな揃って布団をもって丘の上の大きな木の所まで出掛けます。そしてその木に布団をかけました。お日様に力を借りてお布団を乾かすのです。

なんだか色んな形のおねしょのお布団がこれだけそろうと、おねしょしちゃったけど、なんだか楽しいな!子どもらしくて可愛いな!と思えてきます。

お日様に向かって「おひさま てらてら かわかせ しょん」と愉快に歌って踊る子ども達が、お日様を応援しているようにも見えてきます。お日様も答えるようにニコニコとしています。

さあ、お日様さん。ふかふかに乾かしてあげてね。

濡れたお布団を木に干します。お日様の力を借りて干そうとしますが、イジワルな雲がやってきて、雨を降らします。どうしよう・・・と思った時、助けてくれたのは風さんでした。ハラハラドキドキの展開です!

そんなお日様と子ども達の様子を見ていた雲さんです。お日様をすっぽりと隠してしまいました。そして「でんでら でんでら 雨 雨 降らせ!お布団 ぬらせ!」と雨を降らせ始めました。なんてイジワルな雲でしょう。雲の表情も「ケーッケッケ!どんどん雨を降らせて困らせちゃうぞー!」と言わんばかり。

ノンタンは大慌てで雨と雲から逃げるのですが、大きく広がった雨雲に追いつかれてしまいそうです。「あー布団が濡れちゃうー!!」と思ったその時です。お日様が風さんの助けを呼びました。

『イジワル雲を吹き飛ばしてー!!』

すると最初は小さくおしとやかに吹いていた風さんが、一変して、ひゅう ひゅう ひゅるるるーーん!!と一瞬で雲を吹き飛ばすように勢いよく吹いてくれました。

そんな風さんに太刀打ちできない雲は、風さんと共に遠くへ流れて行きました。

はー良かったね!これでお日様がよく見えます。そして、お日様の力でお布団を乾かしてもらうことが出来ます。子ども達は嬉しそうに、また歌い始めました。「てらてら てらてら おふとん かわけ!」それに答えるようにお日様は温かくみんなを照らします。

さあ、夕方になりました。お日様も子ども達もお家へ帰る時間です。しっかり乾いた布団をもって子ども達は帰ります。「ありがとう!お日様!」と手を振ってサヨナラしました。

そして夜になってお布団に入ると、お日様のいい匂いがしました。温かくてふわふわでいい匂いのするお布団の中で、子ども達は温かさと優しさに包まれながら眠ったのでした。

そして、今日も願います。「もう、おねしょは しませんように・・・★」と。

ノンタン おねしょで しょん 裏表紙
よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。

    保育士・幼稚園教諭二種・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士・幼稚園教諭としての感想などご紹介出来たらと思っています。