あめの ひの えんそく

あめの ひの えんそく 表紙

遠足前やお出かけ前に気分上げたい時にピッタリ!

逆に、外出できないおうち時間でも遠足に行った気分になれちゃう。

☆3つのおすすめポイント

  1. バス遠足の楽しさが伝わってきます。
  2. お話が終わったあとに、サプライズが待っています。
  3. トンネルのしかけ絵本です。

☆書店員のレビュー

遠足に行く前にぜひ読んでほしい一冊です。

ページ1枚ずつの見ごたえはもちろん、トンネルから見える次のページがとってもすてきなんです。沢山の乗り物はこの車はどこまで行くのかなー?次のページにもいるのかなー?と、一台ずつ見てしまいました。景色も季節が感じられて、紅葉や、ぶどう畑など、とてもきれいです。

著者の間瀬さんの絵本は、いつもよく見ると細かな発見があり、何度読んでも私はついつい新しい発見がないかなって、じっくり見てしまいます。

息子より早く新たな発見をしたくて、

「ちょっと待って!!」とめくるのを待たせたものです・・・笑

遠足に行く前に保育園などでは、読み聞かせをすることが多い1冊です。

うちでも遠足の前は、ウキウキを早く味わいたい息子たちに読んで!とよくせがまれました。

”乗り物”好きの息子でしたので、バス以外の乗り物にも興味津々で、私同様のめり込んで見ていました。

色々話しましたが、どこにも行けない日でも、おすすめです。遠足に行った気分になれます。お家で遠足気分、楽しいですよ☆

☆エピソード

最近下の娘に本書を読んでいた時のエピソードです。遠いところから目線が・・・と思ったら、6年生の息子が遠くから見てました。見たいならおいでと誘うと「いやっいいっ」と逃げました・・・が、実はその次の日、私達がいない場所で、1人で読んでいました。じっくりと・・・笑

やはり、小さい時の好きな絵本は、記憶のどこか奥の本棚にあって、思い出すと取り出して、読みたくなるらしいです。

息子にとって、本書は多分その中の1冊なんだと思います。そんな1冊と巡り会えるなんてラッキー!です。

あめの ひの えんそく 裏表紙
よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士としての感想などご紹介出来たらと思っています。