おはようサラダ

おはようサラダ 表紙

野菜が好きな子も苦手な子も、きっと野菜が好きになります。朝のあいさつの練習にもおすすめです!

☆3つのポイント

  1. 美味しい野菜たちが、表情豊かに描かれています。
  2. 野菜と一緒に「おはよう〜」と、あいさつの練習にも。
  3. マットで素朴な色仕上げで、愛らしいイラストです!

☆あらすじ

サラダの定番野菜たちが、眠っています。6時から目覚ましスタート!

まず、レタスちゃんから起こします。起こす役目は、サラダにかけると美味しいマヨネーズさん。「あさですよ〜」っと、元気に起こしていきます。

レタスは『シャッキーン!』と起きました。他の野菜たちは、どんなふうに目覚めるでしょうか?

そして、最後になかなか起きないあの野菜ちゃん… みんなで協力して起こしましょう。どうやって起こしたでしょうか…。

野菜たちがつぎつぎ目覚め、美味しいサラダが完成します。

☆際立った特徴

わたなべ あやさんの野菜絵本シリーズ。今回はサラダです。おはようサラダですので、朝に食べるサラダですね。

彩りのいい野菜たち。レタスはシャッキリ、トマトはツルンピッカリ、かぼちゃはずっしり…。野菜それぞれの質感が、水彩の濃淡で表されています。

野菜の質感もありながら、眠っている顔、起きたときの顔など、どのページの表情も、極めて豊かで可愛らしいです。

特に、野菜が目覚めたときの表情がスゴイ。

本当に見事な『シャッキーン!』目玉ぱっちりのレタスの表情を、子どもたちがまねしそうです。

(こんなふうに、すっきり起きてくれると嬉しいなぁ)

マヨネーズのお腹についている時計(目覚まし時計?腹時計?)も、野菜を起こすごとに針が進んでいるので、そこにも注目です。

絵本は全部で24ページ、17×19㎝、小さなお子さんも手軽に手に取り、読みやすいサイズです。

☆書店員の感想

朝に食べるサラダって美味しくて、私は好きです。朝はバタバタしがちですが、サラダを食べるとなんとなく、朝からいい栄養を摂ったぞーという気分になります。

最近は3歳半の息子もサラダが好きなようで、大人が食べているのを見ると、ぼくにもちょうだいと要求するようになってきました。そんな、サラダが好きなお子さんにも、野菜がちょっぴり苦手かも…というお子さんにも、きっと野菜が好きになれる、かわいい絵本のように思います。

また、色とりどりの野菜がきれいで、トマトのツルッとジューシーなようす、きゅうりのパリッとゴワゴワ感、レタスのシャッキリ感… そんな質感も絵から感じられ、新鮮な野菜たちがますます美味しそうに見えてきます。

色がパッと目立つトマトに、子どもは一番に反応していました。野菜の名前をいっしょに覚えることもできそうです。

レタスは起きる時に1枚皮を脱ぎ、きゅうりは頭の花が咲きました。トマトの使っている枕も可愛いですし、ごぼうの頭にちょこんとのっている帽子も愛嬌があります。ぜひ、実際に見てみてくださいね。

絵本の大きさも17×19㎝と小さめですので、小さいお子さんでも手に取りやすく、つぎつぎと読み進められます。

「おめめぱっちりあけて」や、「ほっぺつんつん」「おはなちょんちょん」など、野菜ごとに、顔のどこかの部分を触って起こしていきます。

お子さんの顔につんつんとしたり、逆に、おはなをちょんちょんしてもらったりして、遊ぶのも楽しいかもしれません。

「あさです、あさです、あさですよ〜」と、マヨネーズさんが起こし、「おはよう」と野菜たちが返事する。そんなやり取りが楽しいですね。朝のあいさつの練習にもおすすめです。

朝、パッと起きてくれればいいですが、なかなか朝は眠たいです… そんなとき、朝から楽しく起きる方法の一つになるといいなと思いました。

野菜たちの、ひとつひとつの表情が可愛らしく、もし本当にこんなに可愛い顔がついていたら、食べるのをためらってしまいそうです。けれど、とても親近感が湧きました。

美味しい野菜をありがとう、という感謝の気持ちを持って、食に向き合うきっかけにもなると思います。

野菜たちと、爽やかな朝を迎えたいと感じました。

  • 作品名:おはようサラダ
  • 絵:わたなべ あや
  • 文・企画編集 窪田 愛
  • 発行人:岡本 功
  • 出版社:ひかりのくに
おはようサラダ 裏表紙
にむさん
  • にむさん
  • 現在8歳と3歳の男児の育児に奮闘中です。
    兄が弟に絵本の読み聞かせをしてくれることもあり、そこから学ぶことも多い日々です。
    短大で介護の勉強をし、介護福祉士を持っています。