ぎゅっ

書店員二人が動画で絵本を解説しています。

動物たちの幸せそうな顔!みんなでぎゅっ!あなたもきっと誰かと、ぎゅっ!としたくなる絵本★大好きな人にプレゼントする絵本にピッタリ!

☆3つのおすすめポイント

  1. おさるのジョジョ。お散歩しながらみんながギュッしているのを見ていたら、ジョジョもママとぎゅっをしたくなっちゃった。早くママに会いたいけれど、なかなか見つかりません・・・。
  2. ママと呼べないジョジョは、「ぎゅっ!」と大きな声で気持ちを込めてママを呼びます。ちゃんとママに気持ちが届きました。そしてみんなに見守られてぎゅっと抱き合うのです。
  3. ほとんど「ぎゅっ」という言葉だけでストーリーが展開していきます。動物たちの目や鼻・口の動きに注目してください。動物たちの気持ちが伝わってきます。

☆あらすじ

お散歩している子ザルのジョジョ。目の前にゾウの親子がぎゅっ!とハグしています。ジョジョは指さして「ぎゅっ!」と言うと、また歩き出しました。次に出会ったのはカメレオン、その次は大きなヘビ。どちらも親子で ”ぎゅっ!” と幸せそうです。あれれ、なんだかジョジョは寂しくなってきたみたい。トボトボと歩き出しました。なんだかママに会いたくなったジョジョを見ていたゾウの親子が、一緒にママを探してあげることにしました。

親ゾウの背中に乗せてもらったジョジョ。遠い場所まで探すのですがママはどこにも見えません。

森を抜けると、ライオンの親子がじゃれ合ってぎゅっ!としています。キリンの親子が首を回し合ってぎゅっ!としています。カバも親カバの上に子カバが乗って重なってぎゅっ!としています。その光景を見ていたらもっと寂しくなりました。

ジョジョ君は「ぎゅっ」大きな声で叫び、小さく「ぎゅっ」と泣いてしまいました。周りで動物たちが心配そうに見守っています。

そこに、木の上から大きな声で「ジョジョ!」とジョジョを呼ぶ声が聞こえてきました。

ジョジョは「ママー!」と急いで近寄ります。そして、ママはジョジョを強く優しく「ぎゅっ!」と抱き寄せました。その様子を見守っていた動物たちは、ジョジョに「ぎゅっ!」と声をかけて、喜びました。そして、ジョジョはここまで連れてきてくれたゾウの鼻にぎゅっ!とハグするのでした。

さあ、みんなでぎゅっ!しよう。サルもゾウもヘビもライオンもカバもキリンも大人も子供もみんなで ぎゅっ!!

そして、ジョジョとママは手をつないで帰りました。「ママ」「ジョジョ」とお名前を呼び合ってね★

ぎゅっ 表紙

☆際立った特徴

「ぎゅっ」という言葉でストーリーが展開していくのですが、動物たちの思っている事や感じていることが自然と伝わってきます。そして、登場する誰もがみな幸せそうにぎゅっとしているのを見ていると、読んでいいるこちらまで幸せな気持ちになります。大好きな人に会って「ぎゅっ」としたくなる絵本です。

動物によっては、手を回してハグ出来ない動物もいますが、それぞれ違った方法でハグをしています。どれもみな、親子の愛を感じる、素敵な「ぎゅっ」なのです。

本書のミニサイズのボードブックもあります。こちらはB6サイズで、持ち運びにも便利なサイズです。

ぎゅっ!(ミニブック)表紙

☆書店員の感想

おさるのジョジョ。お散歩しながらみんなが”ぎゅっ”しているのを見ていたら、ジョジョもママと”ぎゅっ”をしたくなっちゃった。早くママに会いたいけれど、なかなか見つかりません・・・。

動物たちが、幸せそうにぎゅっとしています。その様子を見ていたジョジョは始めは「”ぎゅっ”してるねー」とつぶやく余裕があったのですが、だんだん「僕もママと”ぎゅっ”したいな」と寂しい気持ちになります。そしてその余裕がどんどんなくなっていきます。「一緒にママを探して」とゾウにお願いして、親ゾウの背中に乗せてもらったのですが、子ゾウが『ぼくのママってすごいだろう!?』とでも自慢させたのか、ジョジョの顔が濁っていきます。そして、森を出ても他の動物達がギュッとする姿は見えるけど、ジョジョのママが見つかりません。どんどん寂しさが込み上げていきます。「どこにいるのママ・・・」

ママと呼べないジョジョは、「ぎゅっ!」と大きな声で気持ちを込めてママを呼びます。ちゃんとママに気持ちが届きました。そしてみんなに見守られてぎゅっと抱き合うのです。

大きな声で「ぎゅっ」と叫んだジョジョ。その言葉の中にはどんな気持ちが込められているのでしょうか。「ママどこにいるの?」でしょうか。「みんながぎゅっ!としているのに、僕はママとぎゅっできないよー!!どこなのー?」という気持ちでしょうか。

読む人によってこの「ぎゅっ」の中に込められた気持ちをどう感じるのかは、違うかもしれません。

でも、ジョジョがママを恋しがって会いたい!と言っているのはよく分かります。そして遠くにいたジョジョのママにも、ちゃんと伝わりました。

遠くにいてもママですから、ジョジョの声が、呼んでいる事が、会いたい、寂しいと言っていることが分かったのでしょう。そして抱き合う二人の”ぎゅっ”は、力強く、それでいて包み込むような優しく暖かな”ぎゅっ”です。「愛しているよ」とお互いに伝えあっているようでもあります。

それまで「ぎゅっ」としか言わなかったジョジョは、ジョジョがママに会えて初めて「ママー」と言いました。どうしてなのでしょう?

初めから「ママー」と呼んでいたら、もしかしたら早くママに会えたかもしれないのに、なぜジョジョは「ぎゅっ」と言って探していたのでしょうか。不思議ですね。

「ママ」という言葉を忘れていて言わなかったのでしょうか?それとも親ぞうの背中に乗っている時に「ママを探そうね」「ママどこかなー?」と話しかけられて、その時に「ママ」という言葉を覚え、ママに会えた時に初めて「ママー」と言えたのでしょか。

私は読んでいても答えが見つかりません。

だけど、一つ分かったことは、ジョジョはママと「ぎゅっ」するのが大好きだという事。ママの存在と同じくらいに、「ぎゅっ」が大好きだという事。普段からきっとママにたっぷり”ぎゅっ”と愛情をもらっているのだということ。あなたにはどう感じるでしょか。

とても素敵な親子達です。サルもゾウもライオンもヘビも・・・たくさんの”ぎゅっ”の形があるけど、それぞれみな愛情に溢れていました。 「ぎゅっ」を読んだら、私は子どもを抱きしめたくなりました。

ぎゅっ 裏表紙
よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・幼稚園教諭二種・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士・幼稚園教諭としての感想などご紹介出来たらと思っています。