Sassyのあかちゃんえほん ぱくぱく

ユーチューブで絵本専門書店員が詳しく解説しています

とっても明るい色にはっきりしたイラスト。ダイナミックなタッチの動物たちも印象的で、赤ちゃんの目に楽しく映ります!ファーストブックにおすすめです。

☆3つのおすすめポイント

  1. とってもカラフル!いろんな色と形がぎゅっとつまった、とびきりポップな絵本です。低月齢の赤ちゃんからおすすめです!
  2. 絵と一緒に、弾けるようなリズミカルなことばが、楽しさをより増してくれます。濁音、半濁音が楽しい!
  3. 赤ちゃんのファーストブックにおすすめ。プレゼントにも喜ばれそうです。ボードブックでしっかりしていますので、長く楽しめます。

☆あらすじ

ぷっちぷちの赤いトマトが描かれています。

ゾウがパクっと食べました。

つぎに、びっくりしたような表情の大きなかぶ。

そらまめもいます。さやから飛び出し、にわとりに食べられそうです。

つぎはとうもろこし。首の長いキリンが口をあけて待っています。

今度はピンクのももです。ぱっちりおめめのうさぎが見つめています。

大きなカボチャも賑やかな配色です。力強そうなゴリラが、カボチャを頭にのせて踊っているようです。

次にたまごがぱかっとあきました。カラフルなカエルが頭にのせて、じっと見ています。

今度は赤い牛とミルクです。ごくごくと飲んでいるようすが描かれています。

次に進むと、黄色の顔以外、みんな白黒になりました。

ぐるぐると渦巻きが真ん中にあり、かき混ぜているようです…。

さっきの白黒に色がつき、美味しそうなオムライスが完成しました。

Sassyのあかちゃんえほん ぱくぱく 表紙

☆際立った特徴

絵本のカバーに、『アメリカ生まれのSassy社は、20年以上の歴史を持つトイブランドです。おもちゃを通して赤ちゃんの成長を「楽しく!」そして「ダイナミックに!」応援しています。』と書かれています。

そんな可愛くてダイナミックなSassy社のおもちゃが、この絵本のキャラクターになっています。明るいハッキリとした色使いで、とっても目立つ配色です。

裏表紙におうちのかたへ、と書かれているのですが、そこには、『いつもにこにこ、左右対称の顔、白と黒や赤などのコントラストの強い模様は、赤ちゃんが大好き。低月齢の赤ちゃんには、目の正面20㎝〜30㎝のところで見せると、焦点が合いやすいので効果的です。』とあります。

明るいカラーに、ハッキリとした絵が、赤ちゃんからの絵本にぴったりで、0歳からのファーストブックにおすすめです。

絵本に出てくる言葉も楽しい音に聞こえるものが多く、赤ちゃんから楽しめます。

絵本の大きさは18㎝×18㎝となっていて、角が丸くなるよう作られています。

☆書店員の感想

●とってもカラフル!いろんな色と形がぎゅっとつまった、とびきりポップな絵本です。低月齢の赤ちゃんからおすすめです!

黒い背景に、赤いトマトと黄色の顔のゾウさん。耳は紫色で、頭には5色の長方形の飾りがついています。ゾウの顔には14色の色が使われています。トマトも真っ赤ですが、くりっとした目がついて、黄色い頬っぺたに水色の鼻、頭のヘタはシマシマ模様です。黄色のトマトもいて、色鮮やかです。

ページをめくると、つぎは2ページ一面にカブが葉っぱを思いっ切り広げて描かれています。模様も色も違う葉っぱが9枚に、その葉っぱを食べている芋虫もいます。葉っぱを食べられてビックリしているのでしょうか、カブの目も口も全部全開です。(笑)背景がピンク色で、ぱぁっと明るい印象です。

次はソラマメが出てきました。5色の水玉模様のさやから、飛び出してきたソラマメ。さやのフチが黒と白のシマシマで、ソラマメのフチも6色の色で交互に塗られて縁どられています。飛び出したソラマメを食べようと狙っているニワトリ。緑と白のシマシマの足と、赤と白の水玉模様の羽部分がポップで可愛いです。

今度はまたまた背景が真っ黒。とうもろこしが登場してきました。皮の部分が左右で柄が違い、右は赤と黄色のストライプ、左は青い皮に黄色の星が描かれていて、パッと見てアメリカンな印象を受けました。頭から生えてなびいているひげも素敵です。黄色の体に赤色のドット柄のキリンも可愛く、あーんと口を開けています。

桃の葉っぱも左右で色も柄も違います。左はストライプ、右は市松模様のよう。うさぎの耳の柄も同じ水玉模様ですが色の組み合わせが違い、とても明るい印象です。顔の目や鼻などのパーツが全部まん丸で、赤ちゃんも好むように思いました。

今度は赤い背景にドーンとかぼちゃ、黒いゴリラも目立っています。黒い体ですがお腹は7色のドットが描かれているので、楽しい雰囲気に感じます。かぼちゃも星や四角、三角の模様が入っていたりもするので、にぎやかです。

真っ黒な背景に白い卵の殻と白身のコントラストが印象的な卵のイラストです。ほかにも違う柄の卵もあって、黄緑色のカエルも頭の上で大切そうに持っています。丸が多く描かれているページのように思いました。いろんな色があって鮮やかです。

赤い牛が牛乳を飲んでいる絵も印象的です。牛はミルクを出すほうですものね。ミルクを飲んだからでしょうか、赤い体に白い水玉模様が描かれています。背景が青色なので、より引き立っています。

つぎは黄色の顔以外、みんな真っ白です。今まで出てきたキャラクターたちが大集結しているのですが、背景は真っ黒で、キャラクターたちは真っ白です、まるでシルエットのようで、このページを見ながら「これはなんの動物だったかな?」「なんの食べ物だったかな?」と思い出しながら楽しめるようにも思いました。最後は大きなオムライスの登場です!さっきの白く描かれていたキャラクターたちも、カラフルに登場です。小さなお子さんが大好きなオムライス、いただきま~す!!ほかのキャラクターたちも、舌を出して食べたいような表情で見ていますよ。

●絵と一緒に、弾けるようなリズミカルなことばが、楽しさをより増してくれます。濁音、半濁音が楽しい!

絵だけでなく、ことばの音も楽しいです。タイトルが「ぱくぱく」ですね。

まだお話できない赤ちゃんは、きっと聞いていて耳に楽しく響く音に思いますし、だんだんとお話を始めたお子さんには、下唇と上唇とをくっつけて離す「ぱ」という音が、口の運動にもなるように思います。「ママ」「まんま」と来たら、「パパ」も言えるようになるかも…!?

「ぷっち」「ころりん」「かっぷ」「ぴょーん」「ぱっぷん」「もっきゅ」「ぼりん」「ちゅるるん」「たっぷ・ごっく」など、濁音や半濁音のことばが盛りだくさんで、聞いていて気持ちが弾んでくるような気がしてきます。また、食事の時に「とろーり」や、「ごっくごっく」など一緒に声をかけてあげるとますます楽しく美味しく食事ができるようにも思いました。いろんな食べ物と一緒に音も感じて、どんな味かな、どんな食感かな、そんな想像も広がりそうです。

●赤ちゃんのファーストブックにおすすめ。プレゼントしても喜ばれそうです。ボードブックでしっかりしていますので、長く楽しめます。

この絵本の帯に描かれているのですが、「赤ちゃんは最初に口で周りの世界を探検する」そうです。この絵本のポップな食べ物たちの絵と、食べ物の美味しさが飛び出しているような音が素敵です。「この絵本は赤ちゃんの探検記!」とも書かれています。赤ちゃんの目から入る刺激・イメージと、ことばの音から感じるイメージで、赤ちゃんの中の世界はどんどん広がって、この絵本のようにカラフルになっていくように思いました。

角が丸く、全部のページが丈夫なボードブックになっていて、小さい子にもめくりやすく、長く楽しめます。

0才からおすすめの絵本です。カラフルでポップなイラスト、左右対称だけれどもいろんな表情をしているキャラクターたちが可愛らしいです。楽しい気持ちになる音が弾むことばに、大人も子どもも一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

にむさん
  • にむさん
  • 現在8歳と3歳の男児の育児に奮闘中です。
    兄が弟に絵本の読み聞かせをしてくれることもあり、そこから学ぶことも多い日々です。
    短大で介護の勉強をし、介護福祉士を持っています。