おおゆきくまちゃん

ユーチューブ動画で保育士書店員が詳しく解説しています

雪の日の読み聞かせにピッタリ!助けう心を育てて、お友達といっぱい遊ぶ楽しみを味わえる絵本。大雪の日、お外でたっぷり遊ぶ5匹のくまちゃん達です。

☆3つのおすすめポイント

  1. 小さなくまの4匹と大きなくまのちゃいくまちゃん。5匹はとっても仲良しです。今日は大雪、みんなは雪遊びの準備をして外に出ました。小さな4匹は、そりを持つことを忘れています。ちゃいくまちゃんは、みんなの為にそりをもって出掛けました。
  2. 丘の上からそりで滑りますが、そりは2匹ずつしか乗れません。みんな一緒に乗りたいのに・・・。そこで、ちゃいくまちゃんが思いついたことは、自分がそり代わりになることでした。
  3. 結果的に4匹でそりに乗ることが出来ました。自分たちの為に、たっぷりと一緒に遊んでくれたちゃいくまちゃん。家に帰って「ありがとう!」と小さな4匹は伝えます。

☆あらすじ

雪の上に赤いそりがあります。そり遊びするのかな?くまちゃん達どーこ?

ぷよぷよくまちゃん、帽子をかぶろう。ふわふわくまちゃん手袋はめて、ぽちぽちくまちゃんマフラー巻こう。きいろいくまちゃん長靴はいて、さあ、みんなで出掛けよう。

ちゃいくまちゃんもおいでよ!

沢山雪が積もっています。体が大きなちゃいくまちゃんがそりを持って来てくれました。

そりは小さいので、2匹ずつそりに乗ります。かわりばんこで滑ります。しゅー!

ふわふわくまちゃん・ぷよぷよくまちゃん・きいろいくまちゃん・ぽちぽちくまちゃんの4人はいっぺんに乗ってみようと話し合いました。「ぎゅっとくっつけば大丈夫だよ!」

しっかりつかまって、しゅー!

しかし、「おっとっと!」途中できいろいくまちゃんと、ぷよぷよくまちゃんが、そりから落ちてしまいました。ふわふわくまちゃんと、ぽちぽちくまちゃんも、ひゅー、ドスン!そりから落ちてしまいました。

丘の上から見ていた、ちゃいくまちゃん。『これは大変。どうしたらいいのかな?』

いいこと考えた!!

ちゃいくまちゃんは、雪の上にドサン!と、うつ伏せになって・・・

「さあおいで!大きなそりだよ!乗ってごらん!」ちゃいくまちゃんは、背中に4人を乗せて丘の上から、しゅっぱつ!しゅー!!

ちゃいくまちゃんのそりは速い!速い!何度も何度も滑って笑って転がって。「ああ、

面白かったね!いっぱい遊んだね!」

家に帰って、そろそろ家に帰って一休み。みんなでテーブルに集まった5匹は、楽しかった外あそびの話をします。やったー!あったかいココア♪

「いっぱい遊んで楽しかったね!ちゃいくまちゃん、ありがと!」

おおゆきくまちゃん 表紙

☆際立った特徴

大人気!くまちゃんシリーズ最新刊。

大雪が降った日、そり遊びを楽しむ5匹の物語です。みんなで一緒に乗りたいけど、赤いそりは2人しか乗れなくて・・・。そこでちゃいくまちゃんはナイスアイデアを思いつきます。

☆書店員の感想

小さなくまの4匹と大きなくまのちゃいくまちゃん。5匹はとっても仲良しです。今日は大雪、みんなは雪遊びの準備をして外に出ました。小さな4匹はそりを持つことを忘れています。ちゃいくまちゃんは、みんなの為にそりをもって出掛けました。

沢山雪が降った日です。窓からお庭に沢山雪があるのを見て、小さなくまちゃん達は、さっそく雪遊びの準備です。

肌色のくまは”ぷよぷよくまちゃん”は帽子を、ピンクのくまは”ふわふわくまちゃん”は手袋を、水色に色のドット模様は”ぽちぽちくまちゃん”はマフラー、きいろいくまちゃんは長靴を、それぞれ1つずつ雪遊びの装備を身に着けます。そして、さっそく外へ出掛けました。

4匹は、空から降る雪と、地面いっぱいに降り積もった雪を見て、走ったり踊ったり、足形を作ったり、外に出た瞬間から、雪を楽しんでいます。

そこへ、4匹の後を追って玄関のドアを開いたのは、4匹よりも大きい大人サイズの茶色の”ちゃいくまちゃん”でした。寝坊をしたのか、4匹の雪遊び準備に気が付いていなかったのか、「どうしたのー?どこ行くのー?」と聞いているような表情です。

4匹は、「ちゃいくまちゃんも一緒に行こうよ!」と誘います。

もちろんちゃいくまちゃんも急いで準備して、外へ出掛けます。手には赤いそりを持って。

『そりも持って行こう。きっとそりがあれば、みんなで楽しく遊べるぞ♪』ちゃいくまちゃんも4匹のように、ウキウキして外へ出掛けたのでした。

丘の上からそりで滑りますが、そりは2匹ずつしか乗れません。みんな一緒に乗りたいのに・・・。そこで、ちゃいくまちゃんが思いついたことは、自分がそり代わりになることでした。

丘の上に到着した5匹は、さっそくちゃいくまちゃんが持って来たそりで遊びます。そりには2匹ずつしか乗れないので、”かわりばんこ”で滑ります。待っているピンクのふわふわちゃんと、きいろいくまちゃんは、「早く乗りたいよー」と不満顔。ちゃいくまちゃんは『もうちょっとだよ!待っていようね』と声をかけて慰めているようです。

そして、かわりばんこでそりを楽しみます。が・・・自分が乗れない時間は「つまらないな・・・」と思っている4匹です。そこで、4匹はどうにか4匹で乗れないものかと相談します。「くっついて乗れば大丈夫なんじゃない?やってみよう!」という結論に達した4匹は、4匹で乗ってみることにしましたが、大失敗!!ケガは無いものの、4匹は雪の上にどすーん!と落ちてしまいました。みんな雪まみれで、時が止まったような瞬間です。そしてなんだか悲しい表情です。

その様子を見ていたちゃいくまちゃんです。どうすればいいのかな。どうやったら、みんなだやりたい遊びが出来て、みんなが喜んでくれるのかな。そして考えた結果、ちゃいくまちゃんが思いついた事とは・・・。『自分がそりになってみんなを背中に乗せてあげること』なのでした。

結果的に4匹でそりに乗ることが出来ました。自分たちの為に、たっぷりと一緒に遊んでくれたちゃいくまちゃん。家に帰って「ありがとう!」と小さな4匹は伝えます。

4匹は、4匹一緒に乗ることが事が出来ました。そして、さらにちゃいくまちゃんもそりになっていることで、5匹が一緒に遊ぶことが出来ました。みんなは「楽しい!楽しい!」と嬉しい表情です。そして、ちゃいくまちゃんは、一緒に遊べて楽しいということもあるでしょうが、自分がそりになることで、みんなの望を叶えてあげて、その事で喜んでもらえたことが、何よりも嬉しかったのかもしれません。とっても嬉しそうな表情で遊んでいます。何度も何度も滑って、笑って、転がって、幸せな気持ちで遊んで過ごした5匹でした。

家に帰った5匹は、温かいココアを読みながら「ココア美味しいね。今日は雪遊び楽しかったね!」と話します。そして、ちゃいくまちゃんがいなければ、こんなに楽しくなかったかも・・・と思ったのでしょうか。小さな4匹は『ちゃいくまちゃん、ありがとう!』と、今日一緒に遊んでくれたことの感謝を伝えます。

4匹に比べて体の大きなちゃいくまちゃんは、そりを持ってあげたり、そりになってみんなを背中に乗せてあげたりと、大変な事が多かったのですが、感謝の言葉を言われたら、きっと嬉しさいっぱいで、大変なことも疲れも吹き飛んでしまったのかもしれません。

『こちらこそ、ありがとう。今日は楽しかったね。一緒に遊べて嬉しいよ』とピンクのふわふわちゃんの頭をなでるのでした。

【参考文献】 訳:福本友美子さんのインタビュー「やまねこ翻訳クラブ 資料室 インタビュー」

おおゆきくまちゃん 裏表紙
よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・幼稚園教諭二種・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士・幼稚園教諭としての感想などご紹介出来たらと思っています。