おつかい ありさん

おつかい ありさん 表紙

☆赤ちゃんに読んで歌ってあげるのにぴったり!

☆3つのおすすめポイント

  1. もっとも0才児から耳にする童謡の一つ。
  2. 歌だけでは想像しにくいフレーズも絵本と一緒だからわかりやすい。
  3. 後半には迷路のページがある。(1歳頃でもできそうかな?)

☆書店員のレビュー

子ども達にもお馴染みの、「おつかいありさん」の童謡絵本です。

保育園の0才児のお部屋でもBGMで流れることがよくある「おつかいありさん」

うたの歌詞に、少しストーリーを加えて、内容がわかりやすく出来ています。

絵本を見ながら歌ってもいいし、読んであげてもいいし、どちらも子どもは喜んでくれるはずです。

子供の頃、母親におつかいを頼まれて出かけたものの、途中で忘れちゃって・・・って思い出が、ふっとよみがえりました。

ありさんの世界でも、おうちの人に頼まれておつかいに・・・なんてことがあるのかなーなんて、想像しながら読みました。

ねんねの頃でも一緒にゴロンしながら見せて歌ってあげるのに最適だと思います。娘が赤ちゃんの時、ほっぺやおでこに「ちょんちょん」のフレーズに合わせて指をキツネにして、よくツンツンしました。とっても喜びました。

3歳の娘が、この本を見た後「あっちいって ちょんちょん こっちきて ちょん♪」に合わせて跳ねていました。可愛らしくて笑ってしまいました♪

  • 作品名:おつかい ありさん
  • 詩:関根榮一  構成・絵:鈴木博子
  • 出版社:ひさかたチャイルド
おつかい ありさん 表紙
よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士としての感想などご紹介出来たらと思っています。