おばけとたからさがし

おばけとたからさがし 表紙

好奇心旺盛★探検が大好きな子にピッタリ!おばけたちと一緒に宝探しにレッツゴー!

☆3つのおすすめポイント

  1. こすって、つついて、にらめっこして、絵本のストーリーをおばけたちと一緒に楽しみましょう!参加型のインタラクティブ絵本です。
  2. 宝の島が記された地図を、まずはこすってみて!宝の場所が浮きでてくるよ♬さあ海の冒険にさあ出発!
  3. お子さんだけでなく、大人も一緒に遊びましょう。そして、最後のにらめっこはついつい笑っちゃいます!楽しい絵本タイムになることでしょう。

☆際立った特徴

新井洋行さんの「えほんとあそぼ」シリーズの第3弾です。このシリーズは他に4冊あり、今回はおばけたちと宝探しに出かけます。

インタラクティブ絵本となっていて、絵本をこすったり、つついたり、にらめっこしたりと、読んでいる子ども達も物語の一員となり、登場人物たちと一緒にミッションをこなしたり、おばけたちが遭遇する出来事をお助けする参加型絵本です。

子ども達が手や声で参加することで絵本のお話が進んでいくので、一緒に遊んでいる気持ちにもなれるでしょう。

新井さんの紹介・絵本に対する想いが書かれた付録付きです。

この付録には、絵本にちらっと出てくる”島の生き物達”も紹介されています。物語では触れていませんが、1つずつのキャラクター設定があり驚きました。

迷路部分に登場していたキャラクターたちで、(正直、置物感覚で通り過ぎていました) 迷路にしか目がいかなかったのに、キャラクターの設定がわかると、不思議なもので、またそのページをめくりたくなって1匹ずつ観察してしまいます。

付録には4コマ漫画も2つ載っていて、絵本をいっそう楽しくしてくれます。

付録もぜひ、お見逃しなく★

おばけとたからさがし 表表紙の帯
本の中で楽しめる体験の仕方3つが載っています。
おばけとたからさがし 裏表紙の帯
帯に”インタラクティブ絵本についての説明があります。

☆書店員の感想

本書は、帯に書かれた「インタラクティブ絵本」というキーワードがまず興味をそそりました。”物語に参加して楽しむ絵本”とも書かれていて、実際はどうかなー?と期待して娘と頁をめくりました。

最初「地図を手でこすってみて!」とおばけに言われるがまま、娘に「こすってあげて!」と促すと、何が起きるんだろう?なんか怖い。といった表情でした。

こすっても、特に絵本の紙が変化する訳ではないと分かると、安心してスリスリスリ・・・

頁をめくると、同じ地図だけど、地図上に赤い矢印で、宝の場所を示しているではありませんか!おばけたちも喜んでいます。娘は、「やったー」と一言。自分の力でお助けできたのかな?嬉しいなといった表情でした。

おばけたちへのお手伝いは、どんどん続きます。お手伝いが大好きな娘です、「やってみて!」とお願いされれば悪い気はしません。むしろお手伝いが嬉しくて、本を揺すったり、息をふ~と吹きかけたり、クジラの鼻ちょうちんだって突くことができました。

クライマックスは、宝を守っている鬼が相手です。大きな体に大きく尖った耳、口だって大きくて牙がむき出しです。金棒を持って、トゲトゲのついた腕輪が恐ろしさをかもしだします。そんな相手と”にらめっこ”対決!

「だるまさん だるまさん にらめっこしましょう わらうとまけよ あっぷっぷ〜〜!」

オニさん、とんでもなく恐ろしい顔して、あっぷっぷーしてますよ!

娘も負けじと、とんでもない顔です。

「がっはっはっー! おれのまけだー」ってオニさん言ってるけど、本当の負けは母の私です。だって娘もオニさんもすっごい顔なんですもん!

笑いがこらえられませんでした!娘も大笑い。爆笑絵本タイムになりました。

おばけとたからさがし 裏表紙

よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・幼稚園教諭二種・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士・幼稚園教諭としての感想などご紹介出来たらと思っています。