おもちのかいすいよく

おもちのかいすいよく 表紙

海水浴に行く前に、海水浴での”お約束”を教えるのにピッタリ!!

☆3つのおすすめポイント

  1. 楽しい海水浴に行ったつもりで楽しめます。
  2. 絵本を通して、海水浴場での危険な事柄や注意点を、子どもに伝えることが出来ます。
  3. 色々な食べ物が出てくるので、子供と絵探しクイズが出来ます。

☆あらすじ

仲良しのおもちの、もーちゃんとちーちゃんが、海水浴にでかけます。

たくさんの海の家に、たくさんの人。もーちゃんとちーちゃんが、浜辺にシートを広げるところから始まります。

「いっぱいあそぼうね」「いっぱいおよごうね」

この日を二人で、とても楽しみにしていた気持ちが伝わってきます。

さて二人は準備体操をして、海に向かっていきました。

ぷかぷか浮かぶ波の上は、なんて気持ちが良いのでしょう。

お次は砂遊び。大きな山を作ってトンネル開通!!

どんなに砂がついたって大丈夫。どんなに日焼けしたって気にしない!!ダイナミック遊びをやり放題!

はぁ疲れたねって、二人はお昼寝するのですが・・・

眠りから覚めたもーちゃんはびっくりします。 ちーちゃんがいないのです。

周りは知らない人だらけ。一人でちーちゃんを一生懸命探します。

一人で探していたもーちゃんでしたが、どんどん助けの輪が広がって、居合わせた人みんなが協力して、ちーちゃんを探してくれます。

そんな時、海の岩場でちーちゃんは見つかるのですが、なんと!!

三角の背びれ?が近づいている!サメ?!危ない‼危機一髪!どーなるちーちゃん!

さぁ、ちーちゃんは助かるのか。みんなで安心して、海水浴を再び再開できるのか。そしてこんがり日焼けができるのか・・・。

☆際立った特徴

登場人物はみな、人間のように手足がある食べ物のキャラクター達。

沢山のキャラクターが、それぞれ思い思いの海水浴を楽しんでいます。

パンやおすしや、桜餅など、海とは無縁そうな食べ物キャラクターもいたりして、少し違和感はあるかもしれません。

でも、一人一人に注目して見ると、違和感が好奇心に変わって、深い興味がわいてきます。

日焼けのし過ぎで、熱中症かな?と思われるキャラクターもいます。氷嚢で頭を冷やしているのは誰でしょうか。ぜひ、探してみてください。

主人公だけでなく、どのキャラクターにもストーリーがありますよ。

子どもに読んでいる途中でも、〇〇はどこにいるかな?とクイズの出し合いっこが出来ます。

お寿司がかき氷を食べたり、”トロピカルクラブ(店名)”のカニの店員さんは、ハサミで器用にソフトクリームを作り販売しています。

ちなみに、クラブと蟹(クラブ)をかけたダジャレになっています。(発見した時は嬉しかったです。)

よく見てみると、他にもけっこう背景の看板などにもにダジャレが入っています。

お寿司たちが食べている、かき氷は何色?(ヒント:たこが作ったかき氷だから〇〇色!)これはぜひ、本書を読んで何色か見つけてくださいね☆

☆書店員の感想

1人ぼっちで、もーちゃんを探していたちーちゃん。だんだん、助け合いの輪が広がり、みんなも協力して探してくれます。

誰かが困っている時には、一緒に探して助けてあげるという、優しい気持ちが感じられます。

ハプニングを乗り越えて、最後にはみんなが仲良くなって、みんなで寝転んで、一緒に日焼けタイム♪♪♪ホッとした表情が可愛いです。

私は、本書はぜひ、海に遊びに行く前に読んであげたい1冊だな・・・と思いました。

楽しくて嬉しくて、ウキウキする海水浴。だけど危険が多いのも確かです。

安全に海を楽しむ方法。迷子・熱中症にならないように、海に勝手に行かないように、子どもに【海での約束】を伝えるには、本書はぴったりです。

ストーリーを楽しんだあとに、海での約束をじっくり話してあげると、小さい子でも、きっと理解してくれるはずです。

読んだあとの方が、よりより楽しい海水浴になるでしょう。

  • 作品名:おもちのかいすいよく
  • 著者名:作 苅田澄子  絵 植垣歩子
  • 出版社:学研
おもちのかいすいよく 裏表紙
日焼けした顔にサングラスの跡がついちゃいました☆

よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士としての感想などご紹介出来たらと思っています。