とんとん だあれ

ユーチューブ動画で保育士書店員が詳しく解説しています

「とんとん」とノックしていく仕掛けがリズミカルで楽しい!可愛らしい動物がたくさん登場します。コンパクトな絵本で、持ち運びにもピッタリです。

☆3つのおすすめポイント

  1. とんとん…、とノックしてみましょう。何の動物が隠れているかな?あてっこが楽しい、仕掛け絵本です。
  2. 登場してくる動物たち、にこにこしている子もいれば、怒っている子も。いろんな表情・気持ちがあるということも自然と知ることができる内容になっています。
  3. おでかけの際の遊びグッズのひとつにピッタリです!好きなお気に入りの動物にもきっと出会えますよ。大人と子どもと一緒に楽しんで、コミュニケーションが深められます。

☆あらすじ

とんとん、とたくさんの種があるところにノックして、中の動物を呼んでみます。

中にいるのは、さてだれでしょうか?美味しそうに種を食べている5匹のハムスターでした!

次に、にんじんの山にとんとん…さて、誰でしょう?

にこにことにんじんを食べているうさぎさんです!

お次はピンクの可愛らしいお布団で顔をかくしていますが…だあれかな。

白と黒のパンダさんでした。気持ちよさそうにお昼寝しています。

今度は葉っぱで顔を隠している茶色の動物…誰でしょう?

葉っぱをお布団にすやすや眠っているたぬきさん!ふかふかお布団でいい夢見ているのかな。

つぎは、もくもく雲で隠れている動物は、いったい誰でしょう?

首の長いキリンさんでした。ビックリしたお顔をしています。となりにいる鳥もビックリしています。

今度は水の中から鼻と耳を出している動物さんです。とんとん、とノックして覗いてみると…かばくんでした。やったね!と元気いっぱいです。

水玉の柄のフタがある赤い箱から、茶色の手が出ています。これはだれでしょう?

くまさんでした。あははは、笑っていて楽しそうです。

お隣には、ピンクのストライプのリボンがかかった白い帽子を被った子がいます。とんとん…誰ですか?

にっこり、りすさんです。可愛い表情をしています。

つぎは緑色のカバンに隠れている子、だぁれかな。とんとん…とすると、怒りんぼな犬くんが出てきました。ぷんぷん、と怒っていますよ。

次のところには、車の絵が描いてあるピンク色の洋服がかかっていて、その後ろにだれかかくれています。とんとん…とノックしてみると…、

またまた怒っている、今度はしまうまさん!ぷりぷり、と怒っています。

最後に、背景がピンク色のページに、鏡で向かい合ったように同じ形の黄色のリボンが描かれていて、リボンの中はくりぬかれています。

めくると、リボンをつけた可愛いお顔のゴリラちゃんでした!

とんとん だあれ 表紙

☆際立った特徴

絵本の大きさが15㎝×15㎝で、おでかけにピッタリのコンパクトサイズです。

中のページもつるっとしている固めの紙で作られていますので丈夫ですし、お出かけ先でも読みやすく小さなお子さんでも扱いやすい作りです。

とんとん…、とノックして、隠れている動物に出会う楽しい絵本です!ハッキリとした絵と繰り返しの内容で、赤ちゃんの頃から楽しめます。最後のゴリラちゃんの絵ではお面として遊べますので、読んだり遊んだりと内容充実!親子のコミュニケーションにもピッタリの可愛らしい絵本です。

☆書店員の感想

●とんとん…、とノックしてみましょう。何の動物が隠れているかな?あてっこが楽しい、仕掛け絵本です。

表紙をめくり、最初と次のページには小さな可愛いノックする手が描かれています。その次のページからその絵のイラストは描かれていませんが、文章は「とんとん…、だあれ?」と書かれていてそれが順番に繰り返されていくので、とんとん…、と小さなお子さんの可愛らしい手でノックして仕掛けをめくっていくと、お子さんも体験しているようで楽しく絵本を読み進めていけそうです。

最初の動物は顔が半分出ています。ちょっとヒントになっていますね。何かな?と想像するのが楽しくなってくるようです。次のうさぎも、最大の特徴の長い耳が、にんじんの後ろから見えています。

パンダやたぬき、キリンにカバも、動物の体の特徴や色でヒントになっていて当てやすいように思います。けれど、だんだんとレベルアップしているようで、箱からクマさんが出てくるところは茶色の手だけが見えているので、大人でも難しいです!けれど、このページは下から上に開く仕掛けになっているのですが、仕掛けをめくったときくまさんがまるでビックリ箱の中から登場してくるようで、元気いっぱいで楽しい絵に感じました。

全部で11匹の動物たちが登場してきますので、とんとん…、とつぎつぎノックして仕掛けをめくっていきたくなるように思いました。

●登場してくる動物たち、にこにこしている子もいれば、怒っている子も。いろんな表情・気持ちがあるということも自然と知ることができる内容になっています。

最初に出てくるハムスターとうさぎは、大好物のひまわりの種とニンジンをそれぞれに食べ、ニコニコと嬉しそうに、もぐもぐ食べています。

お布団をかぶっているパンダとタヌキは、グーグー、ねむねむ、気持ちよさそうに寝ています。

次はキリンとカバが並んで描かれていますが、ビックリしているキリンと、やったね!と素敵な表情のカバくん。そのつぎのクマとリスはあはは、と笑っているクマと、ニコニコと微笑んでいるリスです。

その次は犬とシマウマが、ぷんぷん、ぷりぷりと怒っている様子で描かれています。

同じような感情・表情の動物が隣同士に描かれていて、ページをめくるごとにいろんな表情の動物に出会えます。気持ちにはいろいろあること、ニコニコするときもあればビックリしたり、怒ったりするときもあること。そしてその時々の表情や、気持ちを表す時の言葉の表現方法も自然と身につくように思いました。

もうすぐ4歳の次男とは、ときどき「怒った顔してみて」「笑ってみて~」など、【気持ちに合わせた顔をしてみよう遊び】をしています。(笑)いくつのときからしていたのか忘れてしましましたが、月齢によって違う表情をするので、なんだか面白く、親バカながら可愛らしいのでついついリクエストして遊んでいます。この絵本に出てくる動物たちの表情も豊かですので、お子さんと一緒に顔真似をしても楽しいかもしれませんね。

月齢が進むにつれて、怒ったり、悲しくなったりと、心の変化に少しづつ気付き始めるように思います。そんなときにこの絵本の動物たちがそっと寄り添ってくれるかもしれません。

●おでかけの際の遊びグッズのひとつにピッタリです!好きなお気に入りの動物にもきっと出会えますよ。大人の方と小さなお子さんと一緒に楽しんで、コミュニケーションが深められます。

15㎝四方のコンパクトサイズの絵本ですので、持ち運びにもピッタリです。コンパクトですが動物は全部で11匹登場し、つぎつぎと楽しく可愛い絵本です。

そして、絵本の絵も可愛らしく、背景の配色も黄色・黄緑・ラベンダーのような紫色・ピンクと優しい色が変化していって、見ていて明るい気持ちになってきます。また、仕掛けも下から上へ、上から下へ、とページによって違っていますので、飽きずに楽しめそうです。

また、最後のゴリラちゃんが絵本4ページ分つながった大きさで描かれていて、お面にして顔に当てて遊ぶのにピッタリなサイズです!目の部分が丸くくりぬかれていて、どこに顔を当てるのか分かりやすいですし、相手の表情も見えますので、一緒に遊ぶのにピッタリです。

さらに、いろんな動物が登場してきますので、お子さんの好きな動物を聞いてみたりしても楽しいですね。鳴き声を当ててみたり、いろんな楽しみ方がありそうです。

小さなお子さんとのお出かけって、結構大変ですよね。我が子も出かけ先で機嫌が悪くなってしまうこともしばしば…でしたので、遊びグッズは必需品でした。だいたい、おもちゃと小さな絵本をセットで持ち歩いていました。新しいものを買って新鮮な気持ちで読んでくれるときもあれば、慣れたものが安心して集中して見てくれるときもあったり…反応はその時それぞれ、お子さんによっても違うと思いますが、お出かけグッズの1つにあると楽しめる1冊のように思います。仕掛けも小さなお子さんでもめくって戻しやすく、ページもめくりやすいです。

動物たちとの、あてっこ仕掛け絵本、ちょっといないいないばあのようでもあり、赤ちゃんの頃からも楽しめますので、ファーストブックにもいかがでしょうか。

とんとん だあれ 裏表紙

ツイッターで絵本プレゼント実施中

にむさん
  • にむさん
  • 現在8歳と3歳の男児の育児に奮闘中です。
    兄が弟に絵本の読み聞かせをしてくれることもあり、そこから学ぶことも多い日々です。
    短大で介護の勉強をし、介護福祉士を持っています。