あかちゃん ごきげん しゃかしゃか

ユーチューブ動画で保育士書店員が詳しく解説しています

ラトルと絵本が合体して、しゃかしゃかを楽しめます!お出かけ時にもピッタリで赤ちゃんもごきげん♩バッグに入れやすいサイズです。

☆3つのおすすめポイント

  1. 絵本の真ん中に笑顔のイラストが描いてあるラトルがついています。絵本をめくるだけで自然とラトルの中のビーズがしゃかしゃかと鳴り、赤ちゃんの好奇心を掻き立てます。
  2. 登場するキャラクターたちが、しゃかしゃかしてごらん!と誘ってくれます。読み方を変えたり、強弱をつけて「しゃかしゃか」「しゃららー」と読んであげると、さらに楽しさがアップします!
  3. リズムに合わせて絵本を揺らしたり円を描くように回してみたり、保護者と赤ちゃんと、一緒に色んな表現をして遊べます。ぜひ、絵本を赤ちゃんに持たせてあげましょう!

☆あらすじ

しゃかしゃかして一緒に遊ぼう!

ぞうさんがお鼻の上でボールを持ち上げているよ!お鼻で揺らして。しゃか しゃか♩

波をザブンザブンとすると、お魚が大喜びするね!しゃらん しゃらん♩

おばけとゆらゆらしよう!ダンスしているみたいでね!しゃららー♩

シャカシャカしていたら、上からあめ玉がころん ころんって降ってくるよ。ころん ころん♩

しゃかしゃかしたらお花がぱっと開いたよ!真っ赤で大きなお花だね!ぱっ ぱっ ぱっ♩

しゃかしゃかしたらお日様がにっこり!きらきらきらー♩

あかちゃん ごきげん しゃかしゃか 表紙

☆際立った特徴

赤ちゃんが大好きなラトルと絵本が合体した絵本です。16cm×16cm・7ページのボードブックです。絵本としても、おもちゃとしても楽しめるので、お出かけにピッタリです。

本書のラトルは、ニッコリ笑顔の描かれた部分が丸い筒になっていて、その中にカラフルなビーズが入っています。動かすとしゃかしゃかと音が鳴ります。

絵本のストーリーと組み合わせて楽しめるように工夫されていて、貢をめくると、このラトルが色んな場所にお出かけして、登場するゾウさん・おばけ達と遊んだり、あめ玉やお花さん・お日様と変身して遊ぶお話となっています。

「しゃかしゃかしてあそぼうよ!」絵本が誘っていますよ♩

☆書店員の感想

絵本の真ん中に笑顔のイラストが描いてあるラトルがついています。絵本をめくるだけで自然とラトルの中のビーズがしゃかしゃかと鳴り、赤ちゃんの好奇心を掻き立てます。

本書をまず手に持ってみると、それだけでしゃらしゃらとラトルの中のビーズが動いて音が出ます。絵本と組み合わせてあるおもちゃってなかなか見たことがなかったのですが、本書は、持つだけで楽しくなり、ウキウキとします。ラトルの中の可愛い笑顔が、「一緒に遊ぼうよ!」と言っているようで、ねんね時期の赤ちゃんも興味をもってくれそうだし、手に持てるようになれば自ら本書を手に取ることでしょう。少々乱暴に振っても壊れることはなさそうな位、頑丈に作られています。ただ、勢いが良すぎて頭にコツンッと当たることが無いように、保護者の見守りのもとで、楽しんで頂けたらと思います。

リズムに合わせて絵本を揺らしたり円を描くように回してみたり、保護者と赤ちゃんと、一緒に色んな表現をして遊べます。読み方や強弱などつけると、さらに楽しさが広がりますよ。絵本を深堀しながら、楽しみ方の工夫や、声掛け例を紹介します。

●まず、登場したのはゾウさんです。鼻の上にボール(ラトル)を乗せていますよ。「しゃかしゃかして遊ぼう!」とゾウさんが誘っていますよ。絵本を縦や横に自由にゆすって遊びましょう!少し大きい子なら『しゃかしゃか』ってどんな音だろうね?と質問したり、『しゃーかしゃか♩』のサンバのようにリズムにのるような読み方をしたり、『シャカッ シャカッ』とスタッカートのように歯切れよく読んで、それに合わせて本を鳴らして見せてあげると、ゾウさんとの遊び方も広がっていきます。

●次に登場するのが大きな海です。白・水色・青のラインが大きくうねって、波をたてているような、大きく水が流れているようにも感じます。

そんな中に赤い魚が元気に4匹泳いでいますよ。こんな激しい波も、魚たちにとっては楽しい遊びの一つなんですね。もっと”ざぶんざぶん”として遊びましょう!『どんな風に動かしたらお魚たち喜んでくれるかな?』『しゃらん しゃらん』って音がするみたいだよ。どんな泳ぎ方なんだろうね。やってみて!』と真似っこ遊びも楽しめます。

●次はおばけたちとダンスです。愉快に笑うおばけ達だから、ぜんぜん怖くないですよ。一緒に”ゆらゆら ゆらゆら”して遊びましょ!このページは白黒のみで描かれていて、ラトルの中のビーズのカラフルさが際立ちます。ラトルの中にもニッコリと顔の絵が描かれています。ラトルにも愛称をつけてあげると、さらに楽しく絵本を鳴らしてくれるかもしてません。

●次のページは、しゃかしゃかしたらあめ玉がどんどん降ってくるんです!大きいアメ・小さいアメがころん ころん。いっぱいラトルを振って、いっぱいあめ玉を降らせちゃおう!

『どのアメが好き?食べたい?』『ママはこのアメを食べちゃおう!ぱくっ!もっと食べたいなー!もっと振って、アメ玉降らせてよー!』と選んだり、食べるごっこ遊びをしたり、時にはママが子どもに甘えて、もっと振ってくれるように声掛けするのも、楽しいと思います。

●次はお花のページです。ラトルが赤い花びらのお花の顔に変身しちゃいました!周りには黄色と青とピンクのお花のお友達も!ラトルをしゃかしゃかすると、どんどんお花が咲いていくのかな?しゃかしゃかしゃか ぱっぱっぱっ!!

『キレイなお花だね。これ何色?』『春になったら庭にお花植えたいね。一緒にしようね!』と好みを聞いたり、未来の話をするのも良さそうですね!

●最後はラトルがお日様のお顔に大変身!!ギラギラに輝くように描かれた太陽の周りには水色と青の光と、黄色い光の粒が描かれています。なんて、きらきらなんでしょう!空のようであり、海の中でもあるような、どこでも輝ける特別なお日様なのでしょうか。『お日様って何色なんだろうね?』と子どもならではの答えを聞いてみたいですね。

いっぱいしゃかしゃかしててみたら、お日様(ラトル)がもっとニッコリと喜んでいるお顔になるかもしれません♩

赤ちゃんの絵本なので、短い文章で赤ちゃんに語りかけるような内容になっています。短い分そのまま読んでしまうとあっという間に終わってしまいます。が、ぜひぜひ、赤ちゃんと一緒に絵を見て、ママやパパが絵から感じた事を赤ちゃんにそのまま話してあげてください!一緒に楽しんでくれているって赤ちゃんも嬉しくなって、きっと声を出したり、表情を変えて、ママとパパに気持ちを伝えてくれますよ!

もっともっと、絵本の楽しさが膨らむと思います。

参考文献)KUMONがうた・読み聞かせを応援【ミーテ】 ゃかしゃか』 「きらきら」と「しゃかしゃか」で赤ちゃん釘付けの絵本

あかちゃん ごきげん しゃかしゃか 裏表紙

よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・幼稚園教諭二種・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士・幼稚園教諭としての感想などご紹介出来たらと思っています。