おむすびころりんはっけよい

ユーチューブで書店員が、あらすじと感想を発信しています。

おにぎり好きにぴったり!特に具の畑に注目です‼子どもに戦争と平和について教える機会に。

☆3つのおすすめポイント

  1. さんかくおにぎりとまんまるおにぎりが両者の【プライドと大切なおにぎりの具の畑】をかけて”すもう”で勝負します。クライマックスは2人が1人に・・・合体!?
  2. おにぎりの具の畑は、我が家に欲しい!!!これなら畑してみたくなる!!
  3. おにぎりの世界のはずが、人間の世界とも重なるような。戦争を平和的に解決する考え方を教えてくれる絵本です。

☆あらすじ

そこに・・・!突然、塩気の多い『さんかくおにぎり』の若者達がアルミホイルで壁を作ってしまいました。

『まんまるおにぎり』達は畑に入れなくて困ってしまいます。米粒とばしてカンカンに怒りました。悔し泣きで塩味が流れ出てしまう子ども達・・・どうしたものか、

まんまる殿様が考えます。「そうだ!!すもうや!」ひらめきました。「さんかくの奴らに果たし状を送ろう!」と・・・すもうで決着をつけようと作戦を立てたのです。

さてどうなるのやら。どちらが勝つのか、畑を取り戻せるのか、”さんかく”も”まんまる”も仲良くなる方法は無いものか・・・相撲の勝負が始まります。『はっけよ〜い のこったー!!』

☆書店員の感想

おむすびころりんはっけよい 表紙

本書には、400個のおにぎりが登場します。400個のおにぎり達、見た目がまんまるなのか さんかくなのかの外見の違いだけで、お互いを嫌い・けなし合い、悪口を言っていました。

今回の事件は、もともと”さんかく”も”まんまる”も、一緒に仲良く農業していた場所【畑】が、さんかくの若者によって占領され、出入りしていたまんまるの農家が入れなくなる所から始まります。仲良くしていた農家の方たちにとっては、とばっちりも良いところです。そこで、すもうの勝負!

武器を持った戦いではありませんが、互いの大将が土俵に上がり、相撲で勝負します。どちらがえらいとか、強いとか、どうしてこの世は優劣をつけて差別化しようとするのでしょうか。人間の世界と重なる部分があります。

最後は二人のおにぎり大将が、1つのおにぎりにまとまる所が最高です!!

本人たちは一緒になるつもりは、全くなかったのでしょうが、相撲を取っているうちにお互いの体の米粒が混じって、一つのおにぎりになってしまったのですね。

2つが一緒になればどちらが強いやら、どちらが偉いなんて優劣つけられませんね。どうでも良いことなのです。

大切なのは、「互いを認め合うこと」「一緒に生きている大切な仲間なんだと思うこと」なのではないでしょうか。

そう、さんかくでも、まんまるでも、かやくご飯でも混ぜご飯みんな仲良し、みんなそれぞれイイ味だしてる!なのです。

おにぎりの世界の話ですが、まさに今の人間の世界を暗示しています。同じ人間なのに、国の違い、人種の違い、肌の色の違いで、いがみ合っています。三角おにぎりと、まんまるおにぎりがいがみ合っているのと同じです。

おにぎりたちが、自分たちと形が違うと言って、お互いにいがみ合うのは滑稽ですよね。そんなことで、戦争までするなんて馬鹿げていると思います。

でも、自分の胸に手を当てて考えてみたら・・・どうでしょう。なんとなく、自分たちと違うと思える人を毛嫌いすること、誰にでもないでしょうか。

おにぎりの国みたいに、ケンカのあとは平和になれたらいいね。

子どもにも本書を通して、みんなが仲良くする方法について、何かしら感じてもらえたらいいな。

おむすびころりんはっけよい 裏表紙
よっぴー
  • よっぴー
  • 書店員のよっぴーです。2人の男の子と、1人の女の子の母として、毎日育児奮闘中です。
    私は自分の子どもに沢山の愛情を子どもが嫌がる時が来るまで、沢山沢山注ごう。心をもしコップに例えるなら、そのコップが溢れて「もう大丈夫だよ!」となるまで続けようと思っています。それだけは大事にしている信念です。
    絵本を読むのもその一つです。
    大切にしている愛情を伝える方法の1つだと思っています。
     
    保育士・介護福祉士です。
    他に、ベビーシッター・ベビーマッサージ・ベビー’sサインなどの資格も持っています。
    絵本の感想とともに私の育児経験、保育士としての感想などご紹介出来たらと思っています。