しろくまのパンツ


絵本専門書店員が、ユーチューブで深堀り解説します

しろくまくんのパンツ、どこにいったのかな?一緒に探してみましょう。トイトレで、パンツデビューの子にもピッタリ!素敵なパンツがたくさん出てきますよ。

☆3つのおすすめポイント

  1. 可愛い動物たちが、お気に入りのパンツを履いています。ページがくりぬきの仕掛けになっていて、これは誰のパンツかな?とあてっこしながら読んでいくのが楽しいです!
  2. チャーミングなイラストで、パンツも動物もどれも惹かれます。生き物の細かい模様やパーツなど、じっくり見てみたくなる描写で描かれています。
  3. トイトレで、そろそろパンツにしようかな?そんな時期の子にピッタリ!お兄ちゃんパンツ、お姉ちゃんパンツ、いろんなパンツがありますね。楽しくパンツを履き始められます。

☆あらすじ

しろくまくんが、パンツをなくしてしまったと慌てています。そこへ、心配したねずみくんがやってきました。しろくまさんは、今日どんなパンツを履いていたのかも覚えていません。

そこで、二人で一緒にパンツを探し始めることにしました。

まずしましまのパンツの登場です。これはどう?と聞かれますが、しろくまさんは違う、と答えます。このパンツは、しましまが大好きなシマウマさんのパンツでした。

お次は、お菓子がたくさん描かれた美味しそうなパンツです。しろくまさん、これも違うそうです。このパンツは、食いしん坊なブタさんのパンツでした。美味しそうにドーナッツを食べています。

今度は可愛い小さな花柄のパンツ。柄も違うけれど、しろくまさんには小さすぎるようです。このパンツは、ちょうちょさんのパンツでした。

つぎはどうでしょう。パンツには、「Ⅰ♡ネズミ」と描かれていて、ネズミさんのことが大好きと描かれています。ネズミさんが嬉しそうに「これがしろくまさんのパンツだね!」と言いますが…

怖い顔をした黒猫のパンツでした。二人は一目散に逃げ出しました。

今度は、変わった形をしている青い水玉模様のパンツです。これも違いそうだね…と見てみると、10本足のイカさんのパンツでした。足が10本分空いているパンツ、イカさん専用です。

つぎのパンツはなんと、さかさま。ニンジンの柄です。いったい誰のパンツでしょう?

うさぎさんのパンツでした。履かずに頭にかぶっています。帽子のようで、ちょっとオシャレです。

お次は真っ白のパンツ。誰のパンツでしょう…?

…あ!!ネズミさんは気づきました。しろくまさんをよく見たら、白いパンツを履いているではありませんか!

今日は新しい白いパンツを履いていたようです。体も白くて気づかなかったんですね。

パンツ、見つかってよかったですね!

しろくまのパンツ 帯あり
真っ赤なパンツの帯がついています。脱がせてから読んでね。

☆際立った特徴

パンツがどこかに行ってしまったら大変ですね!親切なネズミくんと一緒に探す、ユニークなお話です。しろくまさんのパンツはどこにいってしまったのかな?面白い結末にクスっと笑ってしまいます。ユニークなお話に、可愛らしいキャラクターたち。パンツもどれもオシャレで可愛いので、お子さんと一緒に「どれ履いてみたい?」とお話して、パンツデビューへの一歩にもなります。

絵本の大きさは30.5㎝×18.5㎝の縦型の絵本となっています。パンツのかたちでくり抜きされている仕掛け絵本です。絵本の帯もパンツ型になっていて、おもしろいですよ。

しろくまのパンツ 表紙

☆書店員の感想

●可愛い動物たちが、お気に入りのパンツを履いています。ページがくりぬきの仕掛けになっていて、これは誰のパンツかな?とあてっこしながら読んでいくのが楽しいです!

パンツをなくしてしまって困った顔をしているしろくまさんのところへ、ネズミさんが心配してやってきてくれました。しろくまさんに話しかけているネズミさん。小さいけれど頼もしいです。

ネズミさんはしろくまさんの頭の上に乗って出発です。パンツ、見つかるかな。しろくまさんはまだ心配した表情をしています。

はじめに登場してきたしまうまさん。体は横じま、パンツは縦じまです。全身しましまですが、どことなくオシャレで、手鏡を持って自分の姿をチェックしています。たてがみもしっぽも赤いリボンで結んで、オシャレには抜かりのないしまうまさんです。

つぎのブタさんのパンツ。お菓子がいっぱいで、食いしん坊なところがひしひしと伝わってきます。嬉しそうにドーナッツを頬張るブタさんの表情が癒やし系です。

つぎは、しろくまさんとねずみさん、腕組をして考えています。小さな花柄パンツはちょうちょさんでした。さすがに履けなさそうですが、お花が大好きなのが伝わってくるようです。オレンジの羽に黄緑色の体、青い触覚に黄色の目。踊っているように飛んでいるようにも見えてきます。

つぎに出てきた黒猫は、可愛いピンクのパンツとは裏腹にとても狂暴そうな雰囲気で、縦いっぱいに腕を上げて今にもネズミさんを襲いそうなようすで描かれています。なかなかの迫力です!けれど、パンツはとても可愛いです。(笑)

イカのパンツを見たときは、二人とも明らかに違う、と残念そうな表情をしています。なんといっても形が全然違いますからね。足が10本出るようになっているイカ用パンツ。イカにとってはとっても大切で貴重なパンツでしょうね。履くとき足を入れ間違えないようにしながら履くのが大変そうです。(笑)

さて、つぎのうさぎさん。我が家の長男も次男も、一度は同じことをしましたよ。パンツ、頭にかぶっちゃってました。そのときの大人や兄弟の反応が面白くてきっとまたしてしまうんでしょうけど、そんな衝動にかられるときがあるんですかね…。お風呂上りに、洗ってまだ使ってないものなら良しとしていた我が家です。(笑)このうさぎさんは堂々と帽子のようにかぶって、なんだかお似合いです。ときにはこんな使い方もアリ…でしょうか。(笑)

最後、ネズミさんはしろくまさんがパンツを履いていることに気づきました!なんとずっとパンツを履いていたしろくまさん。とっても真っ白な体に、新品の真っ白なパンツが同化していたのでしょうね。大人が眼鏡を頭に乗せて、それを忘れて探している姿を思い出しました。(笑)

なんとも意外でユニークな結末!次男と一緒にはじめて読んだとき、次男より笑ってしまいました。照れているしろくまさんの横で、ちょっとあきれているような、面白がっているようなようすのネズミさんとの二人のようすにも、面白さの余韻を感じました。

●チャーミングなイラストで、パンツも動物もどれも惹かれます。生き物の細かい模様やパーツなど、じっくり見てみたくなる描写で描かれています。

動物たちは、布を貼り合わせたような、貼り絵のような描写に感じます。使われている素材がパーツごとに違っていて、一つ一つに立体感を感じます。

表紙のしろくまさんをよく見ると、耳の内側と眉、目、鼻、口はフェルト生地のようです。口元は細かい網目のようで、体も真っ白ではなく白の奥にぐるぐると描かれた模様があります。手は体より少し濃い目のグラデーションで、陰影をつけています。じっくり見ていると、ますますしろくまさんが好きになっていく感覚になりました。

しまうまさんは、耳がベロア生地のようで、マットな印象です。まつ毛はフェルト、しましまの体の黒い部分は、なんとレース生地です。しまうまさんのオシャレポイントはここにあったのですね。お花の柄が混ざったレース生地なので、切り取る部分によって柄が違い、表情豊かなしま模様となっているように思いました。

ブタさんは眉が立体的です。ひづめがギザギザのような素敵なグレーの模様で、ひづめのとがった感じが出ています。鼻の穴の周りの鼻の部分もダイヤの形の模様で茶色の温かみのあるような生地が使われています。ブタさんののんびりとした温厚なようすが伝わってくるようです。

ちょうちょさんの羽は、ぐるぐるとしたオレンジ色の模様の羽に、丸い渦が描かれた円が貼られています。パンツはお花の刺繍がされているような生地で、細かさを感じます。お花も、布の花に見えるちょうど良い部分を切り取って花にしているような、可愛らしい雰囲気が素敵です。

また、黒猫の爪ですが、似ているようで柄が違います。ギザギザの太さや大きさ、間隔が違うところもありますし、市松模様のようになっているところもあります。口を開けて見せている歯も、歯の1本1本中心に点が一つづつあり、怖さを感じるような、不気味さも感じさせるような口元です。これは、キャーっと逃げ出してしまいますね。

そしてイカさんもすごいんです!頭の三角の部分が、なんとビーズ柄。細かいビーズが模様のように並んでいます。布か紙か分かりませんが、イカの頭にピッタリだなと思いました。また、足の吸盤も丸く切り取られた細かい模様の素材がいくつも貼り付けられていて、緑の体と組み合わさり、独特の印象を感じます。不思議とイカさんの個性的な魅力に引き込まれていくように思いました。

うさぎさんも、体のパーツはもちろん、後ろ手に持っているニンジンの入ったかごの持ち手、かごのフチ、かご部分、ニンジンの葉っぱ、全部の生地が違っていて細かさとこだわりを感じます。

どのシーンや生き物たちも、立体感と奥行きを感じて、見ても見ても飽きない、さらに興味が湧いてくるような絵に思いました。

●トイトレで、そろそろパンツにしようかな?そんな時期の子にピッタリ!お兄ちゃんパンツ、お姉ちゃんパンツ、いろんなパンツがありますね。楽しくパンツを履き始められます。

登場する生き物たちが履いているいろんな種類のパンツ。履いている人にとって一番のパンツ、きっとありますよね。大きさや素材、柄など…。そんな気に入ったものに出会えたら、どんどん履きたくなりますね!

我が家の長男、次男は、物心や好みがはっきりしないうちは私の好みでパンツを買っていましたが、そのうちにお風呂の後にパンツを履くのを嫌がり、裸で走り回るようになりました。幸いトイトレでおむつからパンツに移行するときは、どんなパンツでも履いてくれたのですが、それでもしましまの鬼のパンツに見えるパンツが一番のお気に入りでした。ですので、お風呂上りに履かなくなってから、はじめて一緒にお店で選んで購入しました。好きなキャラクターのパンツで、本人もウッキウキです。そのパンツを履いたら、そのキャラクターになった気分になれるのでしょうね。その日からお風呂上りにとりあえずパンツはすぐに履くようになりました。(笑)

パンツってあんまり人に見せるものではないけれど、自分の体に直につけて使用するものなので、お気に入りのものであればその日一日ハッピーな気持ちで過ごせるように思いました。しろくまさんもきっと、履いているのを忘れちゃうくらい気持ちのいいパンツだったのでしょうね。お話の最後で歌っています。そして真っ白で清々しい。パンツに注目して楽しめる絵本ですね。

そしてさらに、本の帯がパンツになっています。パンツを脱がせて本を読み、終わったらまた履かせる。本の最後に、帯のパンツが痛んできたら替えパンツを購入できる旨も書かれていますので、安心して本に着用できますよ。(笑)

可愛くて面白いパンツの世界、大人にも子どもにもぜひおすすめです。

しろくまのパンツ 裏表紙
にむさん
  • にむさん
  • 現在8歳と3歳の男児の育児に奮闘中です。
    兄が弟に絵本の読み聞かせをしてくれることもあり、そこから学ぶことも多い日々です。
    短大で介護の勉強をし、介護福祉士を持っています。